ホーム
   〔Q平のつぶやき日記 2002年〕

2002/12/30
 ついでにもう一つ。 嫁姑戦争の一こま
 嫁「こんなことなら別の方がよかった!」 
 姑「この家は私がつくったんだから、そっちが出て行け!」
 それを聞いていた6歳の息子
  「へー、 おばあちゃんって大工さんだったんだ〜」
 じゃんじゃんっ(-_-;)

2002/12/29
 母と娘の会話 
 娘 「あいつ、うざいぃ!やべぇ!」
 母 「ちょっと、言葉遣いが悪いんじゃないの!もっとていねいにしなさい!」
 娘 「はい、わかりました。」
   「あいつはうざいです。やばいです。」
 父 「んっ????? (@_@)」
 どこにもある?日常会話の一こまでした。

2002/12/27
 お久しぶりです。この間いろいろありすぎまして書けずにいました。
 先日「Toshi」のコンサートについてもう少し様子を知りたいというメールをいただきました。でも残念ながら私自身は別な会議で出られなかったのです。でも聞いた話です。彼Toshiは自分自身のコンプレックスをさらけ出し、そこから何かを探し求める旅を続けているようです。ギンギンのパンクロック?のころは仮面をかぶらなければならなく、仮面をかぶった自分が売れてしまったことに違和感ばかりを感じていたようです。彼は純粋でガラスのハートを持っているのですね
 私は仮面でもいいから売れてみたいと思うのですが(-_-;)・・・・無理のようです。

2002/12/21
 知人が初めてパソコンを買いました。昨日は遅くまでプリンターの接続設定です。 なぜかうまくいきません。ドライバのインストゥールを3回も繰り返したのですが、エラーが起きてしまいます。マニュアルと首っ引きで、あーでもない、こーでもないといいながらいじくっていました。ええぃ!こんなもん初期不良じゃ!とプリンタのふたをバタンと閉めたところ、急に正常接続完了のメッセージ。
 初めてだから慎重にやったのに、ショックによって正常になるなんて(-_-;)
 最先端のデジタル機器のあまりにもアナログ状態に言葉を失います。そういえば「アルマゲドン」でロシア宇宙飛行士が同様なことをしてたっけ・・・・

2002/12/19
 最近きなくさい話題がおおいですね。昨日「大事件!」というので、すはっ!イラクか北朝鮮かと思ったら、かの宅で「嫁・姑戦争」が勃発したそうです。(-_-;)なんでも最近の嫁は食い物が贅沢すぎるという小言をきっかけに大爆発したようです。
 確かに日本全体で考えると、毎日大量の食物が無駄にされている一方、飢えで苦しむ国民もいるということは事実ですが、子供には腹一杯食べさせてやりたいという親心はどこでも変わらないと思います。戦時中の苦労話を聴かされても、ぴんとこないのもまた事実で、今は今なりの苦労はあるんですよね。嫁姑戦争は昔から変わらずあるんですが、結局利口な方が馬鹿にならなければなりませんよね。
2002/12/16
 さーけんせってみね会で「まなぷらん」(町の主張講座)を開催しました。
テーマは「町の財政」、堅いテーマでしたが合併問題の基礎知識のような感覚で開きました。質疑応答の中でけっこういろんな意見がでました。
 今後小布施町は合併しないという方向で行くとすれば、とりわけ財政問題が大きくなって行くわけですが、いろんな事業をしていく中で、行政の中に専門的な知識を持った人間が少ないために、コスト高で質の悪い事業が行われているという指摘がありました。確かにいえると思います。(すべてがそうだとは言いませんが)
 これから必要になるのは、いろんな分野で外部から専門家がきちんとチェック出来るシステムつくりではないでしょうか。

2002/12/14
 もとX-JAPANの「TOSHI」が家にやってきました。どうしてかというとBUDのライブコンサートの控え室として家を提供したのです。私は存知あげなかったんですが、有名人がやってくるというので、おんなしょは大騒ぎです。
 彼はすでに日本全国を2000カ所近くギター一本抱えて「詩旅(うたたび)」の活動を続けているそうな。その町につくと先ず施設を慰問しそこで演奏をし、そのあとにコンサートを開くのです。一度はメジャーになりながらも今、一人で駆け回っている姿は最後まで謙虚で、とても好感がもてました。
 ウチのばあちゃんがアイロンをかけてくれたスラックスでToshiは今どこの「都市」にいるのでしょう。

2002/12/11
 県の「あぐり指南役」玉村豊男氏の講演会にいってきました。これからの信州ブランドについてのお話です。これからの時代にブランドは「情報」を付加価値として売り出すということが必要になってくるというのです。
 「情報」というのは「どこの、誰が、どんなものを、どのように」とかいうものをさし、作り手の顔が見える農産物、加工品が重要になってくるということです。
確かに今そういう傾向になってきていると思います。ましてや「ウソの表示」の問題で食品業界はてんやわんやですもんね。
 ただその土地でとれるいいもの、いい製品ってそんなに簡単にできるものじゃないんだよね。小布施栗、そして栗菓子がいい例です。

2002/12/8
 「すざかバッハの会」設立準備会に誘われて行ってきました。バッハの権威である磯山 雅先生をお呼びしてバッハに対する理解を深めようということらしいです 私はいつからクラシックファンになったんだろうと自問しながら行くと、どうやら機材担当で呼ばれたみたい。でもジャズ派の私がはじめてクラシックを聴いたのは、昔お付き合いしていたひとから勧められた「バッハ」でした。その繊細ながら荘厳な響きに(というか単に彼女に勧められたから)バッハはいいなと思った次第です。今回もオススメいただいた方がとても素敵な方でした。
 (なんだやっぱり動機が不純じゃないか(^_^;) 
 

2002/12/4
 お陰様で毎日県外発送に追われています。一年の中でも一番忙しい時期です。
そんな中知り合いの畑に「から芋」掘りに行ってきました。
「から芋」は正式名「菊芋」といって野に自生している菊科の植物です。その根が
里芋ににて食用になります。生姜に似た食感ですが、生姜のようなからさはありません。イヌリンという物質を多く含み糖尿病の食養として用いられたり、アルコール生産の原料ともなるそうです。弊社ではそれを味噌漬けにしています。
 これがはまってしまう人もいるようで、固定客がいて今漬けなければ終わってしまいそうになったのでやむなく工場長と一緒に掘りに行きました。
 そしてあらためて太陽の下で働く悦びを一時かみしめてきました。

2002/12/1
 師走です。はやいものですね。「みそ健康づくり委員会」にて「みそ汁を一緒に飲みたい有名人ベストテン」が発表されました。トップは「森 光子」、2位「吉永小百合」、3位「高倉 健」で、以下「小泉純一郎」、「希木樹林」、「中村珠緒」、「黒木 瞳」、「香取慎吾」とつづくそうです。 「高倉 健」は意外でしたが、女性のみでなく男性からの投票もあり上位にランクされていました。皆さんみそ汁のイメージってやっぱり「おふくろの味」なんでしょうか。でも今の若いお母さんは「おふくろの味」をしっかりと伝えていただいているか、不安です。
なかには「ノーミソ人間」(NOみそ)つまり味噌はいらない、という若い人も増えてきているということですが・・(T_T)  伝えるものはきちんと伝える。これは大人の役目ですね。
 ちなみに私は「黒木 瞳」です。

2002/11/30
 「毛皮のマリー」寺山修司作の演劇を見に行ってきました 。長野の小さなライブハウスでした。
なんか30年前の新宿あたりのアングラ劇場を思い出しました。
外は雪が舞う寒い夜、ぎゅうぎゅう詰めの観客と演劇役者 の熱気でむんむんするなかでむんむんするような劇でした。
  寺山らしい倒錯の世界の中にひとかけらの真実を見いだすみたいな、楽しめる演劇です。
寺山を知らない?若い世代の人が多いのにはびっくりしました。

2002/11/25
 クラシックとボサノバのコンサートに行って来ました。美味しいものをいただいた後、美味しいフルートとサックスのクラシック曲、そしてボサノバを聴きます。
早めについたら一番前の席に案内されてしまいました。すぐ隣で美人サックス奏者と美人チェンバロ奏者が演奏していて、その指使い、息使いが伝わってきて、どきどきしました。演奏内容よりその方が気になって仕方なかったです。
 カナダ美人のボーカルもとてもよかったです。そうです、聴きにいったと言うよりは見に行ったといった方が当たってますね。(*^_^*)

2002/11/22
 町の歴史民族資料館(旧都住小学校)の保存運動のために、初めて役場の議会事務局に行って来ました。私は一番しっぽでくっついて行ったのですが、何分初めてのことなので緊張しました。町には町の「正しいという論理」があるのでしょう。もし私が役場の職員であったら、同じことを言ってたかもしれません。でもそれは「トップが変われば変わる」という相対的な「正しさ」であることは、田中県政が証明してくれています。 それでは何をもって価値判断の基準とするか、それは「時代を見る感性」ではないかと思います。ものつくりもまちづくりもいかに時代を先取り出来るか!? That is a question.!

2002/11/20
 みそ玉味噌に続いて、麦こめ味噌の仕込をします。当店オリジナルの製品です。
麦のうま味と栄養、そして米の甘みがブレンドされ、美味しいと思います。
 味噌に使う麹は大きくわけて3種類あります。一番多いのは「米麹」これは日本全国で造られています。次は「麦麹」これは九州と一部山陰地方です。あとは「豆麹」愛知県のみです。いわゆる八丁味噌ですね。当店の麦味噌は九州地方のそれとは違い、信州味噌タイプの麦味噌で、米麹も入っています。そこで「麦こめ味噌」
 どこかで聞いたような・・・(^_^;) 大手の味噌屋さんに対抗して生き残っていくためには、大手では出来ない特徴のある製品を造っていかなければと思います。

2002/11/18
 本日より本年最後の仕込です。今回は特殊味噌を造っています。
今日は「みそ玉みそ」、弊社味噌の中でも一番手がかかって面倒な味噌です。お陰で手が痛くなり、指がうまく動きません。
みそ玉は昔から自家製の味噌を造っている頃の、一般的な味噌造りの方法です。
米がまだ貴重な頃、米麹をたくさん入れられないため、みそ玉にして自然の菌を利用し乳酸発酵させたものを仕込んだんですね。そうすることによって、味噌の味と香りに特徴がでてきます。コクがあるんですね。でもあまり強く個性を出し過ぎると好き不好きがでてきます。人間も一緒ですね。

2002/11/15
 久しぶりの日記です。今までいろんなことに忙しすぎました。話題もたくさんあるのですが、ありすぎて困っています。今日のたいへんな話題はなんと言っても、
この間BUDでコンサートをひらいたピアニスト「ローランド・ハナ」がお亡くなりになったこと。新聞にも載っていましたね。往年の名ジャズピアニストの最後のコンサートが信州小布施のBUDでした。こころよりご冥福をお祈りいたします。
「穀平味噌」もニューヨークにいって少しはお役にたてたでしょうか。
 そういえば全国味噌鑑評会にて弊社出品味噌が「中央味噌研究所理事長賞」をいただきました。これもみなご指示いただいたお客様のお陰と慎んで感謝いたします

2002/11/9
 ヤッシー(田中県知事)の名の入った賞状をいただいてきました。
  賞状をいただくなんて小学校卒業以来なので、緊張しました。
でも自分で自分を褒めてやりたいところは、味噌の出品ジャンルの中でも一番難しいところにあえて挑戦したということでしょうか。 だめもとでの出品が「ひょうたんから駒」のような気持ちです。
 宣伝するつもりはありませんが、日記をみた方からお祝いのメールをいただきました。ありがとうございました。皆さんのご支援と管理をまかせた工場長のお陰でもありますね。感謝!

2002/11/6
 新潟魚沼郡の堀之内町から小布施のまちづくりを研修視察にいらっしゃいました
私たち「さーけんせってみね会」のメンバーで町をご案内致しました。皇大神社を中心としたまちづくりを考えられているようです。その熱心さに脱帽です。
 なんでも鈴木牧之の「北越雪譜」の中にも紹介されている奇祭「雪中花水祝」が行われる町だそうです。へーえ(*_*)是非みたいものですね。
「北越雪譜」は江戸時代の雪国の風俗・文化・生活をきめ細かに表現した素晴らしい作品です。私も20年くらい前に読んで感動した覚えがあります。今、手にはいるかわかりませんが、興味のアル方はお読みになって損はないと思います。

2002/11/3
 久しぶりにお味噌の話題。お陰様で14年度の長野県味噌品評会で弊社味噌がなんと「県知事賞」を受賞いたしました。実は品評会には初めての出品です。
 正直なところ、未だにみそ造りには自信がありません。日々あーでもない、こーでもないと試行錯誤の連続です。でも今回は先生の熱心なオススメもあって出品しました。参加することにも意義があるという気持ちでしたが、とにかくびっくりしました。誇らしいと言うよりも恥ずかしいです。
 これも皆ご支援いただいているお客様のお陰とあらためて感謝申し上げます。
ありがとうございました。                     
2002/11/2
 いやびっくりしました。突然英文のメールが舞い込んできました。
すはっ!、ウイルスかと思いましたが、よくよく読むと「おまえのホームページでリンクの切れているところがあるぞ」という警告のメールでした。何でもロボットが自動的にリンク切れを探し当てるそうです。
 あわてて確認すると本当にリンク切れしてました。これはありがたいことだなと思ったのですが、後でぞっとしました。いくらすべて公開のWEB上とはいえ、すみからすみまでロボットで監視されているようで、やですね。
2002/11/1
 松本ハーモニーホールでバッハ・カンタータを聴いてきました。超素晴らしかった!バイオリンがあんなにも甘く、柔らかく響くのには感動しました。
どちらかといえばジャズ派の私が数少ないクラッシック体験の中でも、最高ではなかったかと思います。いったん本物の良さを知ってしまうとCDは聴けなくなってしまいますね。単なるカタログにすぎなくなってしまうから。
 正直義理で券を買ってしかたなく行ったのですが、美しい響きに出会い感動を覚えたことで、あらためて券を売ってっくれた大峡先生に感謝。多謝。
2002/10/29
 文化の町小布施で非文化的なことが強行されようとしています。
旧小学校の木造校舎が新設の幼稚園プールのために、半分取り壊されるというのです。かたや木造建築の良さが見直され、廃校になった小学校校舎を解体移築し、幼稚園の校舎に再生されるという時代にです。
 現代建築の塩尻の小学校新校舎ではシックハウス症候群が問題となっています。
 小布施のまちづくりは古き良きものを生かし、再生していくところから始まったと聞いています。そんな「小布施びとのこころ」はどこへ行ってしまったのでしょう?

2002/10/26
 小布施町地域情報化懇話会に行ってきました。小布施町の広い意味での情報化をどう考えていくかという会です。当初より懇話会が持つBBS+MLの利用法について私と行政側の担当者と意見が食い違っていました。
  行政と民間と立場が違えば、どうしても対立点も生じてくるのですが、はっきりいえることは両者とも今までのあり方ではだめだ、ということではないでしょうか
 長野県も破格ともいえる知事の誕生によって(いい悪いは別として)大きくかわろうとしています。いやが応でも変わらなければなりません。さて、どのように?

2002/10/25
 アメリカからケネディさんが味噌工場を見学に来ました。なんでもアメリカで味噌と豆腐のプラントをつくり、アメリカ国内の健康志向の方に販売するそうです。市場は間違いなくあるそうです。もしそれが実現したら醤油に続いての「味噌のグローバル化」という意味ではとてもいいことかもしれませんが、日本への逆輸出も考えておられるとのこと、複雑な心境になります。
 現在弊社は遺伝子組み換えの問題でアメリカ大豆は使っていませんが、安いアメリカ製の味噌が日本国内に出回るとどうなっていくのでしょう?

2002/10/24
 長野県副知事、阿部さんのお話を聞いてきました。地域通貨がテーマです。なぜ副知事がと思いましたが、何でも愛媛県に務めていた頃かかわったそうです。
 福祉ボランティアを中心とした、地域コミュニティ活性化のための地域通貨と本来のお金のあり方を考え、商業を含めた地域活性化の手段としての地域通貨といろんなタイプ・考え方がある地域通貨ですが、さて小布施町が採用しようとする地域通貨はどんなものが理想でしょうか?1クリ、2クリ。1フセ、2フセ。
 福祉・医療・商業・観光すべてに通用する地域通貨がいいですね。難しいけど・

2002/10/21
 大阪の方から鎌倉の料理研究家、石原明子先生の推薦された店舗をまとめて紹介する「老舗サイト」に参加しないかというお電話がありました。
 たいへんありがたいお話です。味噌屋の老舗は日本全国たくさんあろうに、先生のお目にとまりご推薦をいただいたということでかえって恐縮です。
 でも逆に荷が重くなるのかな、という不安も正直なところあります。なぜなら本当に自分が満足するために、冒険をし失敗することもアルからです。
 代々確定したものがあれば、それを守り抜くことが老舗の一つの生き方でありますが、老舗を守るための新しき挑戦もまた必要じゃない?

2002/10/20
 編集工学研究所の編集学校ガイダンス講座と体験ワークショップに行って来ました。「暮らしに満ちている『編集』を系統的に身につける」という文句につい。
内容はガラスの「コップ」をできるだけ多く言い換えてみたり、一つの言葉の二面性を抽出してみたり、相手の考えたものを20質問する過程で推理したり、ゲーム感覚で楽しく学ぶことが出来ました。
 普段考えたことのないことを考えてみる。同じものでも全く違った側面から眺めてみる。新鮮な感覚でした。

2002/10/18
 昨日は中学生の職場体験学習でした。4人の中学生が味噌工場に来て仕事を手伝ってくれました。彼らになぜ味噌屋を選んだのか聞いたら、皆が味噌の造り方を知りたいからという答えでした。
 そうですね、今の子供たちは味噌が何から、どのように造られるかということを知らないんですね。昔は各家庭で味噌をつくっていました。でも今はほとんどありません。漬物もそうなりつつあります。伝統的な「食」にかかわることが、今の子供たちに伝わらないということはゆゆしきことだと思います。
 私たちももっとPRしてかなきゃいけませんね。

2002/10/14
 13日は千年樹の里まつりでした。Q平は商工会サービス店会の大抽選会の役員として担当し、その後「いいだん会」の焼鳥屋さんの後かたづけ、そして「さーけんせってみね会」の後始末と3役こなさなければなりませんでした。
 ほんとに身体が3つあればと思うことありますよね。1つは家庭・仕事用、2つ目は社会的・外づら用、3つ目は全くのプライベート用(^o^)
本当は3つ目だけに集中したい!

2002/10/11
 昨晩は荻原健司氏のお話を聞きに行って来ました。さわやかではっきりとしたお話に好感がもてました。 やはり世界の頂点にたった人間の言葉はどこか違った重みがありますね。
何でも天才スキーヤーが育つその陰には、父親の影響が相当あったようです。
彼は父親に反発しながらもその大きな背中に畏敬の念を抱き、努力をし 見事頂点に達したのです。 そういえばイチローもサッカーの中山も父親の影響が強かったようですね。
 さて、自分はどうだろう 。それだけ信念と愛情をもって、時間と労力を子供のために費やすことができるだろうか?・・・・・  正直自信ないですね。(;_;)

2002/10/8
 本日は麹造りです。ふつう味噌造りは春なんですが、樽が空いてきたりするので秋口に少し仕込みます。普段朝寝坊の私にはつらい日がまた続きます。
 朝ははよ起きて移さなきゃならんし、夜はどんなに酔っぱらって帰ってきても、必ず麹くんの顔を見て手入れせにゃなりませぬ。
 でもありがたいことに、本日も遠方より(東京都)わざわざ味噌を買いに来てきただくお客様がいらっしゃいました。 とてもありがたいことだと感謝しています。
  そんなお客様のご期待に応えなければと、ゆるむ気をひきしめながら、汗をかいています。
 

2002/10/7
 昨日はBUDで往年のジャズピアニスト、ローランド・ハナと日本のベーシスト中山英二のライブを聴きました。 ローランド・ハナさんは70歳という高齢にかかわらず、透き通った精神性の高い演奏を会場いっぱいに響かせました。
 でも時差とか気候の影響で風邪気味で体調を崩しておられ、演奏後のパーティーではなにも口にされませんでした。
心配した方がなにをお望みか伺ったところ、所望されたのはなんと一杯の”みそスープ”。
 マスターがつくってくれた「みそスープ」を美味しいといって飲んでくれた姿に感激して、思わずうちの「吟醸味噌」をその場でプレゼントしてしまいました。
 これで「穀平みそ」がニューヨークに渡ります。アメリカ進出の足がかりですね(^_^)v

2002/10/5
久しぶりに東京の田口さんからメールが来ました。なんでも東京では風邪がはやっているとか。
そういえば小さい頃風邪を引いたときおばあちゃんがつくってくれたものがありました。「玉子酒」じゃないですよね。(^^;) 「ねぎみそ」です。細かく刻んだたっぷりのネギと味噌、そこにかつお節をかけ熱いお湯を注ぎ、良くかき混ぜてふーふー言いながら飲むのです。好みでおぼろ昆布もいれたかなあ。 なぜかとても美味しくて身体が暖まったような気がします。風邪をひいたらすぐ薬という前に試してみたらいかがでしょう。

2002/10/4
今朝の新聞にクーリングオフについて載ってました。
何でも「アトピーにいい手づくり味噌が8kg、19,000円」で購入したが返品はきかないそうです。
それにしても悪質な訪問販売の中に味噌が入っているのは許せませんね。先日、横浜のお客様は「私は横浜の有名デパートで高い味噌を買っていたけれど、味噌は高ければいいというものではない、ということがよくわかりました。」とおっしゃっていました。「味噌はガンに効く」とか「味噌はアトピーに効く」とかいう表現は間違いです。
お互いに気を付けましょうね。

2002/10/2
あっという間に10月です。昨日の台風はどうでしたでしょうか。信州は幸い雨のみで数年前のような大風にはなりませんでしたが、被害に遭われた地域のみなさまには心よりお見舞い申し上げます。
さて、穀平味噌では「世界に一つ、あなただけの味噌」ということでオーダー味噌の受注を承っておりますが、この間あるかたから「店頭にある味噌はどなたの好みですか?」と聞かれました。これは難しい質問ですね。
同じように造ったつもりでもその時の諸条件によって全く味が変わってしまうことがままあります。自信を持って造ったものが意外と評価されなかったり、失敗したかと思ったものがとてもおいしかったり、醸造ってそんな摩訶不思議な部分もあるのですね。まっ、いかにそれをコントロールして一定の味をだせるかということがいわゆる「職人芸」というものでしょうけど・・・・・。私はまだまだその域には達していないと反省しています。

2002/9/30
昨日は地元の会の研修旅行で富山県は五箇山と氷見にいって来ました。
とにかく日帰り旅行はバスに乗っている時間が多くて閉口です。せっかく世界遺産の茅葺きの集落についたのに30分しか見られないなんて・・・。古いものでもそのまま残っていれば遺産になるのですね。でもその技術(建家)を伝承していくのもたいへんなことだと思いました。
今の生活のために変えたいという部分もあるでしょうに・・・・。
味噌の場合、少しずつ現代人の舌に合うよう変わってきてます。それがいいのか悪いのか。
変わらぬものは少しでもいいものを創ろうという気持ちでしょうか。それから原料と熟成期間。
長期熟成の方が身体にいいと思います。

2002/9/26
本日のNHKの番組で、味噌がヤスリをつくる過程で使われているという紹介がありました。
全国のやすりの95%を生産している広島県呉市のメ−カ−のお話です。なんでも焼き入れの際に「味噌」を使い、その塩加減で品質が決まる。それこそ「ミソ」で各メ−カ−での秘伝になっていたそうです。それで呉市のヤスリメ−カ−には味噌の壺にちなんだ「壺○」といった商標が多いとのことです。
「味噌には、食塩や硝酸カリウムを混ぜ、それらは焼入れ硬化を助ける働きをします。焼入れとは、高温に加熱したものを急激に冷却して硬化させることで、 味噌を塗ると、ヤスリに水蒸気膜が付かないようになるため、冷却が速くなり、完全焼入れができます。その結果、十分な硬さとなり、ヤスリがよく切れるようになります。そのほかの効用としては、不純物の付着防止と焼割れを阻止することがあげられます。」ということでした。
味噌とヤスリの意外な関係。まだまだ味噌には食べる以外にいろんな用法があるようです。
2002/9/24
昨日は斑尾でジャズを聴いてきました。雨の中の野外コンサートで演奏する方も聴く方も大変でした。
毎日JAZZざんまいでいつ仕事するのだろう(^_^;)といわれそうですね。そういえばJAZZを聞かせて造った酒があるとか。JAZZを聴かせて造った味噌なんてのもいいかも。

2002/9/22
本日は地元のアマチュアジャズバンドを聞きに行ってきました。アマチュアとは思えないすばらしい演奏で、とても楽しめました。中に一人プロサックス奏者がいてすごいソロを聴きました。
一味違うのはどうしてだろうと隣の友人に聞いたら、「そりゃあ命(生活)がかかっているから」という返事。それもそうだと納得。それじゃ自分はどうだろう?本当に命をかけて日頃仕事に邁進しているだろうかと自問してみた。うーん難しいとこですね。でも何をやるにも誇りをもって本当にいいものをつくりたいと思っています。でもなかなか満足いけるのは少ないですね。

2002/9/21
昨日はまちづくりグループ「さーけんせってみね会」の実演でNHKにいってきました。
(キャスターが美人揃いなのに目を奪われ白黒してました。)市町村紹介で小布施町を代表しての活動報告です。 私たち「さーけんせってみね会」ではチップ工場へ行く運命の間伐材を加工し、丸太ベンチ造りをはじめました。それが意外と評判良くってついにはTV出演になってしまったのです。
私も杉や唐松、栗の木の皮を初めてむいてみましたが、やってみるとおもしろく切ったばかりの木と乾燥した木とでむけ方がちがうし、伝統的に杉の皮が屋根の瓦の下に敷かれるという意味がわかってきます。こういう昔の人の知恵ってやっぱり大事にせなあかんと思います。

2002/9/19
ギネスブック認定世界最高年齢者で9月16日に誕生日をむかえた本郷かまとさん(114歳)に奄美大島で薬膳料理店を開く栄養士の久瀬ひろみさんが「奄美長寿食文化研究会」をつくり調査を始めました。
徳之島では麦、芋、豆を食しそれに海と山の食材を入れた自家製みそ汁。またかまとさんは黒糖が大好きで今も晩酌に「黒糖焼酎」を愛飲するそうです。これは泉重千代さんも同じだったということです。
久留さんは「伝統的な発酵食品である味噌の重要性をあらためて確信」し黒糖についても「ミネラルたっぷりのアルカリ食品。米と黒糖が原料の黒糖焼酎も血栓溶解効果が特に高いと評価されている。」と話します。
(大分合同新聞)からでした。

2002/9/18
最近、来店されるお客様で、まだまだ根強くある「味噌の塩分問題」。「うちの主人は高血圧なのでみそ汁は控えるようにしているんです。」「低食塩味噌はありますか?」等々聞かれます。
確かに塩分の過剰摂取は体によくないということは事実ですが、味噌のような醸造された食品にはちゃんとバランスをとって血圧を下げる成分も有るという事実も最近の研究でわかってきたそうです。
だって味噌って日本人が長い歴史の中で日本の風土、日本人の身体にあった食品として造りあげてきた日本独自の発酵食品なのですね。
それ自体にマイナスが有ればそれ以上にプラスもあるという。これはまさに漢方です。
つまりみそ汁そのものが「薬膳」なんですね。漢方的には「胃系」つまり消化器系統を丈夫にする効果があるといいます。どうりでみそ汁を毎日飲む人とそうでない人と胃ガンにかかる率が違うということです。
2002/9/1
最近、朝食を食べない習慣が増えてきているそうですね!う〜ん、いけませんね(^_^;)。一日のパワーをまず昼食で摂取しないと力になりませんよ!朝食をとらない原因は「食欲が無い」と答えた方が1番多いようです。食欲が無い方でも味噌汁くらいは飲めるでしょう?味噌にはたくさん栄養が含まれていまんだよ〜。ま〜、こう陽気が暑いと朝から熱い味噌汁を飲むのも気がひけますが、そういう時には、前日に作っておいて冷蔵庫で冷やしておくと、「ヒンヤリ味噌汁」が簡単にできますよ!