2012/12/29
 年末も押し迫り、今年は痛風発作が起きなかったと思ったら年末の集大成で昨晩から激痛。夜通しうんうんうなることに・・・。耐えきれず、夜中に這って痛み止めを探しようやく以前もらっておいた座薬を発見。おかげで朝方少し眠ることができました。それにしても夜中にこんなに痛んだのは初めてかな。ストレスと言えば寒い蔵の中、凍結してしまった水道をどう解凍し、使えるようにするか苦心したことかなぁ・・。それに最近ビールをついつい飲み始めてしまったことも・・・・。来年はすこし反省せねば・・・。

2012/12/27
 今年もあと僅か。今年ほどテレビ・ラジオ・新聞とマスコミの取材が集中した年もなかったような気がします。不思議なモノですね。昨日は信濃毎日新聞社の取材。新聞社は最後に決まって年を聞いてきます。これも不思議なことですね。取材を受けただけで自分の年が公開されてしまうのです。年だって生活年齢と精神年齢、肉体年齢と3つあると意地悪を言ってみたくなります。しまいには生年月日を教えろというのですが、結局個人情報ですからとお断りいたしました。もうじき嫌でも年を一つとらなければなりません。どうせとるならいい年をとりたいものですね。
2012/12/23
 大御所様曰く、「ちゃんとつけているか、また送ってきたからつけるように」と某養毛剤を見せる。よっぽど気になるのだろうか・・。余計なお世話と言いたいところだが。せっかく高価な製品を買っていただいている好意は無にすべきではないと思い、朝晩つけるようにしている。なんか柑橘系らしい。そんなに効果があるとはどうしても思えない・・・。それにしても、効果なければ無料とか無料点検とか、ただという言葉に弱いのが大御所様の常。結果的には大枚を支払わせられるのだが・・。ただ、こんな頭に投資しても・・・。
2012/12/22
 冬至も過ぎ、お歳暮もようやく落ち着いてきました。いよいよウインタースポーツの季節。スキー場にはたくさん雪が降って欲しい。Q平今まで20年以上フツーのスキー板、フツーのウェアで滑っていました。ゲレンデもホームゲレンデが北志賀にあったのですが、昨年から心機一転全て替えようと思っています。ゲレンデからスキー、ウェアにいたるまで。なぜかというと、結局年取ってリフトが嫌になってきたのですね。だからゴンドラで行ってロングコースをかっこよく?滑られるところにしようかと。でも問題は一緒に行ってくれる人がいないのです。どうやって募集しようかと・・・。悩みが一つ増えました。(^_^;)
2012/12/20
 今年最後の味噌仕込みが終わりました。そういえば12日は今年最後の小布施ッション。産業技術総合研究所の内藤耕氏。「地方企業の生き残り戦略」をテーマにお話しいただきました。人口減少社会での収益モデルをつくることが大事といい、顧客満足と作業効率は従来相反するものだが、作業効率を上げていくことしかこれからは顧客満足をあげることはできないという。具体例を挙げながらご説明いただきました。要するにヒマなアイドル時間を有効利用し、空いた時間をお客様に向けろというのですね。その通りだと思います。
2012/12/14
 最近遊び日が多いせいか、仕事が間に合いません。ありがたいことにお歳暮の注文がたくさんいただいています。今年は甘酒とか塩麹とかがブームになって、当社のものも割と評判が良く、麹造りが間に合わなくなってしまいました。ありがたいことです。来週にはまた麹造りをしなければなりません。いずれにしろ、1月2月とヒマな分を12月で稼がなければならないのです。目の回るような忙しさと言いますが、本当に眩暈がしてきました。(@_@)遊んでいたツケが回ってきたのでしょうか・・・。
2012/12/09
 7日より両国の元禄市に行ってきました。吉良邸跡を中心にした赤穂と吉良和解のイベントという位置づけのようです。吉良邸の隣の両国縁処さんとのつながりで小布施の味噌とリンゴを中心に売りに行きました。結構な人出がありましたね。楽しかったです。リンゴの詰め放題ではその人の人間性がよく現れてそれを観察するのが面白かったです。中にはこれ替えてっと言いながら、替えるフリをして一つ余計に持って行ってしまうオバサンも・・・。なんか舌切り雀のオバサンに似てました・・・。両国は晴天だったのに、信州に着くなり大雪。こんなにも違うんですね。
2012/12/1
 昨日は免許証の書き換え。あと3日で失効するところでした。すっかり忘れていたのです。危ない危ない。今日こそ仕事と思いきや、友人が信毎論説主幹、中馬氏の講演会に来いというので、行ってきました。中野市を中心とした北信濃の将来を考えるということがテーマです。「中野市には農業と自然環境という2つの宝があり、それを軸にして、『大地に帰る』をスローガンに観光と延寿の町を目指せ。」というのが主旨でした。まああとは晋平さんとか土雛とか山田家とか歴史、文化遺産そして「食」をどう絡めていくかが課題だと思いますが・・・。行ったらこの間取材を受けたSBCラジオの美人アナが司会をしていました。あとでお話しをしてきました。それもまた収穫の一つです。(*^_^*)

2012/11/28
 母娘が東京から、自らのルーツを尋ねて小布施にいらっしゃいました。なんでも曾祖父が小布施出身であり、戦時中は親御さんが小布施に疎開していたという。日本人たるもの自らのルーツを知らないというのは悲しいということで、先祖の墓参りも兼ねて小布施にいらっしゃいました。たまたま店に入られて疎開先であったお宅の名を聞くので、近所にお連れしました。そこにあった看板を見て、ようやく自分のルーツを知ることができたと感激。Q平も思わずほろり・・・。これを機に小布施を第二の故郷としてより交流が深まればいいですね。

2012/11/25
 こんとこラジオ、テレビ、新聞と、なぜかよくマスコミの取材を受けます。今日は日経新聞。味噌のことならいいんですが、まちじゅう図書館の一環での取材です。味噌屋の店舗にに本棚があり、本が並んでいることが珍しいとか・・・。確かに当たり前でないことがあるとマスコミは飛びつくのかもしれませんね。でも動機とかいろいろ聞かれるんですが、そんなに深く考えてやっているわけじゃないので、あんまし突っ込まれると弱ります。ただ、美人アナと二人でお話しできたことはやっててよかったと思う瞬間です。(*^_^*)
2012/11/21
 昨日は東京で全国味噌鑑評会の表彰式。今日はNHKのまちじゅう図書館のテレビ取材。いやー、さすがNHKですね。数年前のドラマ撮影のようなセットでリハーサルもちゃんとやるし、かえってその方が緊張しました。でも、あとでテレビをみて自分の姿にがっかり、もっといい男だったと思うのに・・・・。こんな老いた姿になってしまって・・・。と。気持ちだけは若いのですが・・・。でも杉田美人キャスターも実物の方がずっと素敵だったので、まだ救われるのかなぁ・・・。しょせん映像は実体の一部しか撮していないと思ってみるだけです。
2012/11/18
 北信濃小布施映画祭、終わりました。Q平横浜帰りだと仕事が山積みでなかなか行ってられません。後片付けだけして帰ろうかと思ったら、どうしても懇親会に出てくれと・・・。言われると根が嫌いではないQ平ついのこのこと・・・。一つのイベントも10年続けるということはたいへんな労力と思いが必要となること。来年はまたリニューアルしてできるかどうか・・・。何事も変わりながら続けて行かれれば理想かもしれません。
2012/11/17
 10日間も会社を空けると仕事が山積みになっていてバタバタしています。そんな中、NHKの美人キャスター杉田知恵美さんが取材の打ち合わせに見えました。本当に名は体を表し、知的なスレンダー美人でした。なんでも、この水曜日に「まちじゅう図書館」の取り組みをしているところを取材したいということで、うちに白羽の矢が立ったとのこと。取材はどうでもいいけど、杉田さんとゆっくりお話しできたことが幸せでした。きっと鼻の下が伸びていたことでしょう。鼻毛が伸びていなかったか心配です。(^_^;)
2012/11/14
 横浜から帰ってきました。今回はマネキンさんが本当に頑張ってくれて今までの一番の売上げです。ありがたいことです。日曜日の夕方には売るべき品物がほとんどなくなってしまいました。また、二日目にはタモリが様子見にきて、タモリの先輩というジャズベーシスト鈴木良雄氏の話などをし、栗唐草手拭いを差し上げました。期間中、全国味噌鑑評会の結果も届きました。「中央味噌研究所理事長賞」ということだそうです。とまれ、ものつくりはたいへんですが、いいものをつくりたいという思いだけは抱いていなければと改めて感じました。
2012/11/2
 先日まで暑いと言っていたのに、今日など肌寒い霜月。ストーブにこたつ。そんな季節の変わり目は体調を崩しやすい・・・のは人間ばかりではなかったようです。業務用のパソコンがクラッシュ。前々から兆候はあったので別なパソコンを用意はしていたのですが、それも不調。それに加えて店内の電気が点灯しない。電気屋さんにみてもらったら、危うく火事になりそうだったとか・・。横浜行きの準備はできていないし・・・もうさんざんです。

2012/10/27
 歯医者にいくの忘れていました。痛みが出なくなるとついつい日常に追われて・・・。そういえば、過日の品評会では全国味噌工業協同組合会長賞をいただきました。Q平審査員で、それらしきものに高得点を与えたのがよかったんでしょうか・・・。ところが表彰式はいつも行かれません。横浜そごうで石原明子「美味散策フェア」がはじまるからです。そのための準備にてんてこ舞い。石原先生とのお付き合いももう何年になるのでしょうか。20年くらいになるんでしょうか。いつまでもご評価いただいていることに感謝です。そのご期待に裏切らないようにしなければなりません。

2012/10/23
 長野県味噌品評会。Q平お役目で審査員です。今年も県内から300点あまりの味噌が一堂に会しました。テレビ局も2社見えて取材をしていました。Q平映ったらやだなと思いながら審査。たぶんこれはウチの出品作だと思うのには評価を高くしておきましたが・・・。27分の一です。いずれにしろ、品評会に出される味噌はレベルが高いです。ただ、いつも思うのですが、味噌専門家の評価と消費者の評価は違うということですね。消費者代表が審査をする機会があればまた面白いと思います。
2012/10/20
 小布施六斎市。始まりました。天気が良く人手もたくさんありました。Q平まちづくり委員会のブースといいだん会のブースと掛け持ちです。明日はまた和楽の会にも参加しなければなりません。さらにさーけんせってみね会・・・、そこまではちょっと身体が持ちませんので遠慮しますが・・。いいだん会では初めてお好み焼き屋になりました。やきもちも含め焼くのは得意分野です。これでお好み焼きをマスターすれば、焼き鳥、焼そば含め、香具師になれるでしょうか。(^_^;) Q平のこだわりは全てオリジナル味。オリジナルお好み焼きを開発しなくては。

2012/10/18
 大御所様が養毛剤をプレゼントしてくれた。なんでも、頭を見る度気になるそうな・・・。話を聞けば、まだ金を払っていないという。どうも、1ヶ月後に効果があった場合のみお金を支払って欲しいというシステムだそうな。でももし、1ヶ月後に目に見える効果があれば、ノーベル賞ものだと思う。明らかな効果がみえなければ、本当にお金を払わないつもりなんだろうか・・・。メーカーのほうはそれで採算とれるのでしょうか。それとも、効果なくても支払ってくれる善意の国民を待っているのでしょうか。

2012/10/13
 つい昨日まで扇風機を回していたと思ったら、ストーブが恋しい時期になってしまいました。お江戸で同僚会。あらためてスマホが便利だと思ったのは、やはり都会でのこと。モバイルSuicaを入れておくと、電車、バス、コンビニまでモバイルSuicaで事足りてしまいます。なんでもかざすだけ。恐ろしいくらい便利です。ところが残高がみるみるうちに減ってきてしまうのが難点ですね・・・。何とかならないでしょうか・・・。調子が悪いスマホ。悪いついでに残高が増えてしまうような調子の悪さならいいんですが・・・。

2012/10/08
 さーけんせってみね会では花キャンバスをつくっています。当初切り花をキャンバスに描くというイメージだったんですが、ガーデニング大学校の講師から、寄せ植えができるような仕様にして欲しいと言われ、修正しました。まちなかの店すべてに飾られたらいいですね。ちなみに販売価格は1セット9500円です。ものはわるくないのでお値打ちだと思います。

2012/10/07
 6日初めて大相撲を見てきました。長野場所です。本来ならば送り迎えだけだったんですが、一人欠員が出てしまいお付き合いすることになりました。新横綱の日馬富士と白鵬の取り組みを目の前で見てきました。白鵬はさすがに横綱の貫禄がありました。日馬富士は体格が一回り小さいような感じ、なんでも体重は133kgで下から2番目に軽いそうです。そんな日馬富士が自分より大きな相手を倒すわけですから、すごいことだと思います。今回は白鵬に負けてしまいましたが、今後の新横綱に期待したいです。

2012/10/05
 最近のアレルギー増加の原因に「衛生仮説」というものがあるそうだ。3月の味噌技術講習会の中でも言われていた。小さい頃に土由来の細菌類に接する機会が少ないと、大きくなって免疫機構が過剰に反応する。それががアレルギーだという。確かに昨今、なんでも除菌除菌とうるさすぎる。3秒ルールがどうも徹底してないようだ。この記事では乳児の頃に発症するものには当てはまらないという。その場合は母親がどんな食物をとっているかが問題なのだ。添加物いっぱいのジャンクフードばっかり食べていると母体は自分の身を守るために、悪いものは赤ちゃんを介して排泄しようとするのである。これはQ平の説だが・・・。あながち間違いとは言えないと思っている。赤ちゃんにとってはいい迷惑だ。

2012/10/02
 慣れないスマホはとても不便だと思った。少し慣れてきて、電話、カメラ機能付きの携帯パソコンだと考えると、こんなに便利なものはないと思うようになった。電話は相変わらずかけにくいが、おサイフケータイにはなるし、モバイルSuica、名刺管理、ネットバンキング、地図、おまけにナビまでしてくれる。今日も道に迷ったとき、ふとやってみたらちゃんとナビするのだ。写真に撮った名刺を自動的に文字判別し登録してくれるし、しゃべった言葉を文字化してくれる。IT技術は日進月歩だが、ここまで進んでいるとは思わなかった。ただ、難点はフリーズすること。もう3回目だ。まだまだ発展途上ということだろう。
2012/10/01
 味噌組合の役員会での話題。医者は減塩運動のために「一日に飲む味噌汁は一杯にしましょう」というキャンペーンをしているという。しかし、そのお医者さんに言ってもらいたいのは、「一日に味噌汁を一杯飲むようにしましょう」ということだ。減塩運動をしている医者や栄養士学会は、今家庭の中でどのくらい味噌汁が飲まれているか把握していないという。一日一杯味噌汁を飲むようにすれば、もっと消費量が増えるというのだ。それだけ日本人から味噌離れが深刻になっているのが現状という。うーん、うちも考えなければ・・・・。
2012/09/29
 先日、映画「バイオハザード」アリス役のミラ・ジョヴォヴィッチが味噌汁をコーヒーがわりに飲んでいることを知ってびっくりしたが、あのマドンナもその若さの秘訣は味噌にあったという情報を笠井さんから教えていただいた。やっぱり日本の伝統文化は、食文化を含めて外国人から評価されて初めて日本人はその価値に気づくのですね。どうやらそれが伝統のようです。そんな伝統ははやく止めにしたいです。業界では販促のために結構な費用をかけてPRしているが、印刷物をつくるより彼女らに発言してもらった方が効果あると思うのですが・・。ミラさんにあいたい・・・。
2012/09/27
 そういえば先日の二十三夜祭。雨に祟られましたがなんとか無事に終わりました。出し物で最後に受けたのは、「フラメンコ」。艶やかなボデコン衣装に身を包んだ妙齢の、といっても若いご婦人方が踊る姿に、伊勢町の男性みんな目が点。焼き鳥・焼きそばなんぞほっぽっといて鑑賞に・・。かぶりつきの爺様は十年若返ったとか・・・。いつもの演目からすれば、けっこう刺激的だったようです。後でなぜかQ平が感謝され、「次はベリーダンスを呼んでこい!」っと言うのですが・・・。昼間の演目には・・・・。
2012/09/18
 昨日の妖怪夜会も無事終了。朝新聞を見ていたら、なんと魅力的だと思っていた女優、ミラ・ジョヴォヴィッチの記事が・・・。読んでまたビックリ!、ミラ・ジョヴォヴィッチは1時間おきにコーヒー代わりに味噌汁を飲んでいるという。それが彼女のエネルギー源だというのだ。いくらなんでも飲み過ぎと思うのだが、アクションヒロインにはそのくらいがいいらしい。これは味噌業界にとってまさに救世主。あのスタイル、美貌、パワーの源は味噌汁というのは絶対にいける!(^_^)v CMに起用して欲しいと思うのはQ平だけ?
2012/09/16
 15.16と小布施音楽祭。13年間も先頭に立って続けているボランティアの情熱には頭が下がります。両日ともトリオの演奏。今回チェロの音色が素晴らしく感じました。柔らかく暖かいんですね。思わず、「あのチェロ、いくらするのか?」と隣の音楽通に聞いてしまいました。(^_^;)また、同じく聴きに来ていた大御所の感想は、「バイオリンの人は痩せて疲れたように弾いていた。」ということでした。我家の音楽鑑賞レベルはそんな程度なんですね。
2012/09/12
 最近先生の不祥事とかでマスコミに取り上げられることがある。先生を取り巻く環境いったいどうなって居るのかと思っていた。ところが事情通によれば、先生が子供とスキンシップをしていると、子供に人気のない別な先生が嫉妬感情を交え、スキンシップを問題視することがあるというのだ。長野で起きた事はまさにそれではないかという。我々一般人はマスコミの一面的な報道しか入ってこないので、それを信用するしかないのだが、真相は別なところにあるとしたら・・・。まさに教職員の置かれた環境に問題があるのかも。

2012/09/10
 9日小布施ッション、134回目は(株)カヤックの柳澤大輔氏。38歳の売れっ子経営者。アイディアマンになるための方法論を教えていただきました。出し方のコツは1.比喩を日常的に繰り返す。2.過去のヒントを振り返る。そして、なんでも人のせいにしない。赤いポストがあったら、それは俺のせいだと思うのだ。・・という。とにかく年をとり知識量が増えると柔軟性が減るというのですね。確かにそれは言えるかも知れません。そして大事なことは、たくさんアイディアが出る人は深刻化しないというのです。質はともかくたくさん出してみることが大事ということでした。言うか言わないか、思うか思わないか。それで違ってくるそうな。
悲しかったのはドイツ美女ロタとアンジェリカが今月いっぱいでドイツに帰ってしまうということ。せっかく仲良くなったのに・・・。

2012/09/07
 小布施若者会議が始まりました。なんでも全国から小布施に若者が集まり、地域の課題について語り合い、それを町に提言するという事らしいです。Q平今回は年齢制限で関われないと安心していたら、突然夜の懇親会に呼ばれました。何度も呼ばれたので、行ってみたら女性ばかりの集まりでした。いやー、ハッピーでしたね。(^_^)v それもみんな優秀な女性ばかり。これからの日本は彼女らが動かしていくのかと・・・。今の男が動かしている日本は誠にだらしないので、彼女らに期待したい。そんなこんなで、楽しい一時を過ごさせていただきました。

2012/09/04
 またスマホ。(^_^;)電池がすぐ終わる。電話しずらい。操作が複雑。勝手によけいな事をする。アラームの止め方がわからない。・・・。返したという林さんの気持ちもわからなくは・・・。そこでショップに行って、かわいいお姉さんに文句を・・、いやご指導を。勝手に調べたり、予定表に入れたりするのはよけいなお世話だ!とおじさん。するとお姉さん、「それがスマホの便利な機能です。」とさわやか。でもおじさんは、「機械が自分の意に反して勝手に動くのは大嫌い。機械に振り回されてしまう。」と反論。結局おサイフケータイのデモをやらせていただいてお土産をもらって帰ってきた・・・。(^_^;) 習うより慣れろ!?
2012/08/30
 スマホをいじくってみてわかったことは、スマホは単なる携帯電話ではないということだ。当たり前だと言われるかもしれないが、持ってみて改めて認識した。林さんは持って二ヶ月も経たずに普通の携帯に戻したという。電話機能さえ充実していればいいという人にとってはスマホは確かに使いづらい。まさにパソコンの携帯端末だ。まあ使いづらい便利さ?も結局は慣れだとは思うのだが・・・。仕方ないのでまた壊れるまで使いこなそう・・・。
2012/08/28
 携帯を叩きながら使っていたら結局音声が聞こえなくなってしまった。あと7ヶ月は我慢にしょうと思ったのに・・・。結局7日で機種変更する羽目に。今だからスマホでしょってなわけで、歯医者の帰りにショップに寄る。かわいい店員さんに説明されついつい言われるがままに・・・。おじさんの弱いところだ・・。初めてのスマホ!使ってみると訳がわからない。まあいろんな機能がありすぎる。電池の終わりが早い。おそらく持っている機能の二割くらいしか使わないかも知れない。でもそんなんしかないのだ。もっと年寄りにやさしいスマホであって欲しいと思うのはQ平だけかなぁ・・。
2012/08/25
 就活で学生さんが見えました。なんでも田舎のじいちゃんがつくっていた味噌を再現したいという。もうすでに廃業してしまっているのに、近所の人のやめないでという声にほだされ家業を再興したいという。今時こんな純粋な若者がいるということに胸を打たれます。ただ、現実はノスタルジーだけで飯を食っていけません。味噌業界の現状、将来性を考えると諸手を挙げてというわけにはいかないのです。まあいろんな味噌店を回って話を聞き、それでもというときには出来るだけのことをしてあげたいと思いました。将来ある若者には頑張ってほしいです。
2012/08/19
 お盆に携帯が壊れてしまった。相手の音声が聞こえないのだ。これでようやくスマホに変えられると勇んでショップに行った。一応みてもらったら、接触不良だという。もともと新しくするために行ったのだが、よく見ると10年割引がある。通常の半額だ。そして10年になるまであと7ヶ月。うーん、ひっぱたきながら7ヶ月持たせるか。といったら、ショップの店員さんはその頃に10年割引があるかわからないという。今あるのに7ヶ月後になければ、それをきっかけで他社に乗り換えようと思う。店員の言葉は大事だ。
2012/08/10
 8日恒例小布施ッション、国立情報学研究所教授 野明彦氏。言ってみれば情報学の最先端のお話しですね。共感したのは、フェイスブックでもなんでも、みんなが「いいね!」っと言っていれば、本当にいいと思ってしまうことに危惧を持っている、ということ。「情報空間が万能と思ってしまうと、物理的な本物とは乖離する」というのですね。確かにこのようにWEBはものすごく便利になり世界の全てが見えると錯覚してしまいます。でも人間って実際あいまいだし、その間を埋めるようなシステムをつくりたいということで出来たのが、「想・Imagine」というのです。うーんQ平のようなあいまいな人間が操作をしてどうなるのかなぁ。
2012/08/06
 暑い暑いといいながらまだ暑い夏はお祭りの夏。3日はまちづくり委員会主催の「ビア・アーベント」直輸入のドイツ生ビールを楽しみ、福島の相馬野馬追を支援しようというイベントです。今年は240リットル用意しましたが、あっという間に終わり、やむなく日本製を6本追加しました。お客様の中には主旨を理解して無くて、飲み放題食い放題と聞いてきたとクレームをつける方も・・・。まあそんでもたくさんの方にお出でいただけたことに感謝です。Q平は今回は焼きそば屋さん。伊勢の宮焼きそばと小島焼きそばを焼いていました。
2012/07/30
 暑い夏。ようやく一つ夏祭りが終わりました。今年はくりんこ祭での「ほおずき&ものずき市」。天気も良かったのでたくさんの人出で賑わいました。「祭りとは、神の出現を待つことである。」という説があり、縁日とは神に出会える日という。その日に参拝することにより御利益があるのだ。それを求めて人が出る。その人出を求めて露天商が立ち並ぶのだ。Q平今回テキ屋の親分をさせていただきました。けっこう気い使いますね。やっぱ下っ端がいいです。
2012/07/26
 長野県は全国一の長寿県という。それを可能たらしめたのは、減塩運動が成功したせいだと公共機関の方が言っているそうな。ところが、全国の塩分消費量をみると、長野県は四番目に消費量の多い県だというデータがある。また、全国の味噌消費量は長野県がダントツで一位だという。また、減塩のために味噌汁は薄めにしましょうと言っておきながら、熱中症予防のために、塩分補給はしっかりしましょう。というキャンペーンも行われている。いったい何が正しいのか?おおいに疑問だ。人はついつい専門家だとか、マスコミの意見に左右されがち。真実を見抜く目を持ちたいものだ。
2012/07/25
 暑い日が続きます。時折不思議な現象が。携帯が振動するので着信かと思いとってみても着信無し。いつもポシェットに入れて持ち歩くので、腰のあたりでブルブルとするのだ。携帯も暑さのせいでおかしくなってきたのか・・・。そんな風に思っていたら、テレビを見ていて愕然。”ファントムバイブレーションシンドローム”というのだそうな。なんでも携帯依存の現代人に発症する症状だそうな。げげっ、自分だけはそんな風にならないと思っていたのに・・・。(-_-;) 電話がかかってくるのを心待ちにしているとなるそうだが・・、そんな相手はどこに・・・・。スマホにすれば治るだろうか・・・。そういう問題じゃないか・・・。(^^;)
2012/07/20
 マラソンの後、暑い最中仕込みをやっていたら疲労もあってか熱中症!?。診療所で点滴を打ってもらいました。それはともかく、味噌蔵工場に新たに看板が掲げられました。平成9年に新築して15年ようやく念願の看板です。今は亡き指物師の池田氏からいただいたケヤキの板を使い、市村明久先生に書と彫りをお願いしました。店の看板と違い味噌蔵工場は天然醸造にふさわしく自然木をそのまま使った看板がいいと思います。大御所は色合いがよくないとおっしゃいます・・。味噌屋は渋く地味な仕事です。それに合っているのではと思うのですが・・・。
2012/07/15
 小布施見にマラソン、10回目。Q平出場回数も10回目。昨年から「炎のゴミゼロランナーズ」として出場しています。会議のない日は走っていた効果でしょうか、ゴミかごを背負い、ゴミを拾いながらですが、2時間48分という好タイムでした。ゴミは昨年よりは少しよくなったんでしょうか・・。いずれにしろ、後で沿道を清掃するボランティアの方は本当に大変だと思います。来年も啓発ランナーとして出場します。
2012/07/12
 二年前から奥歯が水にしみる。歯医者に行って訴えるが知覚過敏という。シュミテクトで一生懸命磨いていたが効果なし。ところが最近急にしみなくなった。今まではあんなにしみていたのにと思ったら、激痛が・・。食事の後は頭を抱えて痛み止めの薬を飲まなければいられない。やむなく歯医者。歯根に膿がたまる症状だそうな。麻酔をかけずに神経を抜くというのでどんなに痛むのかと覚悟していたら、ほとんど痛くない。痛みを感じないほど神経は終わっていたということか・・。後は穴をあけたままにして顎にたまった膿を外にだすのだという。いやはや、なんでこうなるのか・・日頃の行い?毎日アルコール消毒はしているのだが・・・。
2012/07/08
 最近なぜかツバメが少なくなったようだ。中山さんちでも例年7.8家族が来ているが、今年は2家族のみだという。ところが、中山氏曰く、「あるメスツバメを観察していると、どうやら不倫らしい」というのだ。去年とは違ったイケメンツバメを連れて来ている。でも前の旦那がしつこく後を追い回すので、追い払っているそうな。そういえば、以前テレビで鳥の卵のDNA検査をしてみたら、旦那以外の相手のDNAがあったという。鳥も浮気をするらしい。
「若いツバメ」とはよく言ったモノだ。
2012/06/30
 もう半年終わりですね。大船渡の研修で拝聴したこと。避難所ではリーダーの資質によって救援物資の受け取り量、質が変わるという。つまり、極端ないい方をすれば、リーダーの考え行動によって、生きるか死ぬか左右されるということだ。うーん、そういえば映画のポセイドンアドベンチャーでは確かにそうだった。それが避難所においても同様のことが言えるというのは考えさせられる。同時に皆公平に、順番にと思っていたら損をする事の方が多いという。これもまた、複雑な思いをおこさせる。
2012/06/28
 いいだん会の研修で大船渡に行きました。小布施は以前より大船渡と交流があり、震災後も交流を続けていました。今回大船渡のガイドの皆さんには、大変お世話になりました。津波被災地も見てきました。がれきはきれいに片付けられていましたが、陸前高田の市役所や体育館はまさに当時そのままでした。写真などで悲惨さは伝わってきますが、いざ現場に立ってその空気に触れてみると、絶句します。人間の力が大自然の前にはいかに無力か思い知らされます。 がれきの中に残された生活用品。それぞれの人生に思いをはせると胸が痛くなります。

2012/06/22
 「梅ちゃん先生」を見ていたら、松岡氏が、「ドーナツの穴はドーナツの一部なのか、そうでないのか、それが問題だ」というようなことを言っていた。Q平はドーナツの穴こそドーナツをドーナツたらしめているものだと思います。そして位相幾何学的には、ドーナツもコーヒーカップも人間もみんな同じ構造をしているというのですね。それらを単純化すればみんな筒状になるというのです。うーん、奥が深いがそんなこと考えて何になるんだろう・・・。
2012/06/19
 元気な大御所、無臭ニンニクがたくさん採れたと持ってきた。なんとこぶし大の大きさ(@_@)。なんでも、鶏糞やらなにやら堆肥をいっぱい使ったという。それを生のまま味噌をつけて食べろというのだ。うーん、いくら無臭ニンニクとはいえ、生のままは・・。大御所はニンニクが大好きだとおっしゃる。さすが、元気もりもりの源はそこからくるのかと妙に納得。
2012/06/18
 不摂生を続けています。よって病気の方も・・・。痛みがあっても仕事はしなければならないし、山へも行かなければならないし、ビールも飲まなければなら・・・・。今日は文化観光協会主催の講演会「これからの地域つくり」溝口薫平氏とその娘さんで桑野和泉氏。湯布院のまちづくりを過去現在に至るまでお話しいただきました。薫平さんのお話の中でのリーダー論。リーダーは3人必要。企画力を持つ人、調整力を持つ人、そしてそれを伝達する力を持つ人。確かにそれぞれ自分の役割分担を明確にして協力して進められれば強力な武器になりますね。そして都会にない魅力つくりが必要で、自分たちの地域を誇りに思える、子供には家の後継者ではなく、地域の後継者になって欲しいと思う。等々40年以上地域づくりをしてきた方の言葉は重いものがありました。
2012/06/10
 東京農大の「世界でひとつ、オリジナル蔵ツアー」ご一行様が見えました。なんでも、北信濃の味噌屋と酒屋をめぐるツアーだそうです。総勢36名の方が弊社工場にお出かけいただきました。さすが今までの工場見学一行様とは違います。農大の発酵学権威が集めた方たちなので、一般人なのですが食に対する意識の高さが違います。質問から弊社への提案に至るまで多岐に亘りご指導をいただきました。その中で「てづくりとは何か」という大きな命題を与えられました。弊社は「てづくり」とはPRしてないのですが、大手企業のように一から十まで機械の生産ラインに乗せているわけではありません。間に必ず人の手、目、感、勘が入ります。それでも、どこまでが「てづくり」と言えるのか。わからりません。
2012/06/09
 マウスの調子が悪い。ワイヤレスなので電池切れかといろいろ試してみるが、動きが変なのだ。寿命かと思ってネットで購入しようといろいろ調べ始めた。ふと気がつくと、マウスとその受信機の間に一本の電源コードが・・・。もしやと思いコードを外してみる。なんと動きが正常になるではないか・・・。たった一本の電源コードがこんな影響を及ぼすなんて想像もできなかった。それにしても、携帯やら、WI-FIやら電力線やらで周辺には電磁波があふれている。最近はおまけに放射線まで・・・?これで人間の身体は大丈夫なんだろうか・・。
2012/06/07
 いつのまにやら6月。ここんとこまた「あいたい病」の発作に悩まされ、足を引きずっていました。いやなに、いつも「あー痛い、あー痛い」といっているので、「あいたい病」です。素敵な人にあいたい病ならいいんですが・・・。昨日はようやく楽になってきたので、小布施ッション。都市景観をデザインする斉藤浩二先生。ニセコの町の景観はは3年後がらっと変わるという。なんでも信号などのサインはすべて英文標記の方が大きくなると言う。なるほど。小布施への提言をお聞きしたら。それぞれの道に名前を付けなさいという。なるほど。また機会あったら町に言ってみたいと思います。
2012/05/31
 ここんとこ、高水組合総会、連合会総会と立て続けでした。どうも味噌業界はいよいよ冬の時代に突入する気配です。いいのは大手数社のみで中小零細はこれから益々厳しくなっていくでしょう。なんせ、高齢化と若者の味噌離れ、ライフスタイルの変化という構造的な問題がありますので、なかなか有効な手立てが打てずにいます。「食事でかかる新型栄養失調」という本があります。コンビニ弁当を毎日のように食べているとミネラル不足になり身体精神が病むという。煮干しでだしをとった具だくさんの味噌汁はそれを解消してくれるのですが・・・。

2012/05/28
 給食センターで生ゴミをもらってきました。残飯と残パンがたくさん。 いつも心痛みます。世界では1億もの子供たちが飢えているというのに・・・。お金と手間暇かけてつくった食べ物を、お金をかけて燃やしています。(>_<)自分が食べてもいいくらい美味しそうで、もったいないので、残パン一つと煮干し三匹、庭のオタマジャクシにあげました。みんな飢えていたみたいで喜んで食べています。全員大人になったらまたたいへんなことになりますが・・・。
まちづくり委員会環境部会では、生ゴミを堆肥にしてミネラル豊富な美味しい野菜つくりをしようと、頑張っています。

2012/05/27
 皐月の晴天は夏日。ラーメンフェスタに行ってきました。たまたま選んだラーメン屋さんが一番並んでいるところで待つのが大変でした。でも手渡してくれたのがメイド姿のお嬢さん。それだけでひと味違います。(*^_^*)ウチの敷地内でも味噌ラーメン、それも「穀平ラーメン」をやれという人が少なからずいらっしゃいます。どなたか資金とたしかな技術と意欲を持っている人がいらっしゃったら、紹介して欲しいです。
2012/05/24
 法人会講演会、金美齢氏。「日本再生への提言」と言うテーマ。よくテレビで拝見している面白そうなおばちゃんなので聞きに行きました。「日本再生」は端的に言って「メイドインジャパンに回帰せよ」ということでした。それは何もハイテク工業製品ばかりではなく、日本人がかって持っていた勤勉、真面目、倫理観、美徳、向上心、責任感、創意工夫を今一度復活させなければ、再生はあり得ないというのです。戦後の悪平等教育、メディアによって無責任な風潮が蔓延し、国全体が停滞衰退している原因という。ちなみに金先生はメイドインチャイナ製品は一切買わないということなんですが・・・。いずれにしろ、安い製品ばかりを求める消費者も反省すべきかもしれませんね。
2012/05/23
 鈴木さんは若い頃リューマチを患い苦しんだという。それから玄米菜食を一人ではじめ、20年間欠かさず食したところリューマチが完治したそうな。今は90歳をむかえるが、元気そのもので毎日をすごしている。それにしても、20年間というのはすごい。たいていは数年やって飽きてしまうのだが・・、Q平もその仲間です。
2012/05/18
 新緑が目にさわやかないい季節。でも天候は不順がつづきます。Q平会議もつづきます。商工会の総会。役員改選の時期にもかかわらず、旧役員がそのまま継続ということでした。なかなかボランティア役員はできる人は限られてしまうのでしょうね。社会情勢も反映しているということなんでしょうか。会議の最中、SBCラジオ局のプロデューサーから電話。なんでも小布施ですごい父ちゃんを探しているという。普段はパっとしないけど、ある場面では光り輝くというような人を紹介して欲しいというのだ。栗屋の幸明ちゃんや畳屋のひでちゃん、木工屋のひろし君、表具屋のまっきーなどを紹介しましたが・・・はたして。

2012/05/12
 市川市塩浜中学校の修学旅行生が3人ホームスティしています。修学旅行も新たな形態ですね。なんでも、昨日は白馬の方でラフティングやそば打ち体験をし、今日は小布施で農業体験、そして民泊でそれぞれの家庭に行き、それぞれの家の手伝いをするそうです。味噌造りの体験でもできればよかったんですが、土曜日はあいにくその予定ではありませんでした。なかなか賢そうな生徒たちです。これからの日本を背負っていただく世代。小布施での体験を自分の人生に活かして欲しいですね。

2012/05/07
 過日歯医者さんで、歯周病菌を退治するためにテレビで宣伝しているような殺菌剤を歯磨き後に口に含むといいですよ、と言われた。そこで試しに夜寝る前に歯を磨き、なんとかという殺菌剤をくちゅくちゅと。すると、今まで朝起きると口の中がべたべたねっとりしていたのが、割とすっきりしているではないか。うーん、寝ている間に菌ちゃんたちが増殖を繰り返していたのがネバネバの原因だったのだろうか・・・。それにしても、歯のしみるのが治らない・・・。
2012/05/06
 5日は二年ぶりの「鳳凰子供いわい神輿」36名の子供たち、ご家族に参加いただきました。連休の天気は心配されましたが、さわやかな快晴でいいイベントができました。夕方はまた恒例の小布施ッション。130回目は岡安泉氏。ルイヴィトンなど有名ブランド店の照明デザインを手がける若手照明デザイナー。専門的でも面白いお話しを聞きました。日本の照明は明るければ安全という発想そのものをやめていった方がいいということに、衝撃を受けました。LEDによって、照明の可能性というのが広がったとのこと。

2012/05/04
 風薫る皐月。でもこの連休は天気がいまいちですね。小布施はそんなに雨は降らないけれど、やや寒いです。花冷えとでも言うのでしょうか。お客様のピークは本日かも知れません。小布施にはたくさんのお客様が見えていただきますがい、なかなかウチのところまでは足を伸ばしていただけないのが残念です。それでも中には一生懸命探し歩いて来てくださる方もいらっしゃいます。感謝ですね。そんな方には何かサービスしたくなってしまいます。塩こうじをプレゼントしました。

2012/04/28
 春爛漫。友人が長野マラソンを完走したという。なんでもQ平には絶対内緒で半年間猛特訓をしたらしい。タイムは4時間30分というのだ。まてよ、単純にハーフにしたって、ボクの記録より速いじゃないか・・・。友人の運動センス、音楽センス、起業センス、恋愛センスにはQ平、昔から常に及ばないでいる。負けないぞと思うのだが、この痛みが・・・・。(-_-;)
2012/04/23
 生ゴミを堆肥化しようという活動を「まちづくり委員会」の環境部会でやっています。Q平給食センターより調理くずと残飯をいただいてきました。びっくりは美味しそうなパンや炊きたてのご飯が数十キロ、残飯として可燃ゴミに出されていたこと。調理くずは致し方ないとしても、残飯はそのまま食べられそうなくらい。ふだんウチで食べているものより上等に見えました。(^_^;)見ると心痛みます。それが毎日発生し、お金をかけて焼却しているとは・・・。問題はそれらを堆肥化するに、誰がどのようにするか。そのシステムを考えていかなければなりません。バチがあたらないうちに何とかしたいです。
2012/04/20
 信州にもようやく桜の開花宣言が・・・。一分咲きとか。いよいよももしきともさよならの季節です。でもまだまだ暖房器具はしまえません。でもこんな時期は身体に変調をきたしやすいので気をつけなくては・・・、と思っていたらアレルギーと足のあいたい病。明日は境内アートで焼き鳥を焼かなければならないというのに・・・。弱り目に祟り目とはよく言ったモノだ。
2012/04/12
 一年ぶりの歯医者。突然「貴方の歯周病菌をお見せします」と言われ、モニターになにやら映像が・・。見るとオタマジャクシのような、精子のような小さな黒い棒状の生きものがガイガイワヤワヤと活発に動いているではないか・・。(@_@)これには本当にぶっくり!。確か歯医者に来る前にキチンと歯磨きしてきたつもりなのに・・・。その後、かわいい歯科衛生士さんにやさしく歯磨きの仕方を手取り足取り?教わってきました。なるほど、素直に聞くことができました・・・。(^_^;)
2012/04/07
 久しぶりに畑仕事をしていたら、茨城から来たというご夫婦にオープンガーデンの関谷さん宅はどこかと聞かれた。恥ずかしながら知らなかったので近所で聞き案内することに。なんでも薔薇で有名なお宅だそうな。確かに花はまだだが立派な庭。感心は雨水を地下タンクにためポンプアップして水まきに使っているという。これは家を建てるときにそうしておかなければできない事。さすがに花つくりに意識の高い方とお見受けした。Q平も思いがけなく勉強できました。
2012/04/06
 小布施ッションでのパーティでは「若きウェルテルの悩み」を聞いた。なんでもこれ以上の人はいないと思ったほどの彼女になんなく振られてしまったという。それがショックで二浪するそうな。話すといつまでもめそめそして忘れられない様子。そこでQ平おじさんのアドバイス。「青年よ荒野を目指せ!、一人でなるたけ遠くに行き異文化に触れよ。彼女を忘れなくてもいいが執着するな。」でした。旅はみんなでわいわい行くのが好きという彼。感傷に浸る一人旅ではなく、いろんなものとの新たな出会いを求める旅をすすめた。響いたかなぁ・・・・。
2012/04/03
 不安定な天気、小布施はそんなではないが、全国的には台風のよう。
 浪人していた豚児が晴れて大豚児に。やむなく新ノートパソコンを購入。一太郎派のQ平、新パージョンも合わせて購入する。そこについてきたハンディスキャナ。これが便利と言うことがわかった。新聞の切り抜きをしなくてもそのままなぞるだけでOK。ちょっとコピーしたいときにもなぞるだけ。本も必要なページをそのままなぞればいい。しかもOCRのソフトもありテキスト化がすぐにできる。うーん、まさに技術は日進月歩。便利な世の中になったもんだ。(@_@)
2012/04/02
 なんとなく卯月。福寿草が咲きながらも肌寒い。先日はQ平の名が新聞に出てしまった。犯罪を犯したわけではなく、国道改良のための会議についてのコメントだ。また今日は経済産業省が出しているパンフレットにも載ってしまった。Q平基本的には名前とか写真の露出は嫌いだ。しかも味噌には直接関わりないことだ。特にコメントなどは10しゃべったうちの1くらいしか載らない。だから時には本旨とずれることもある。故に好まない。なるたけおとなしく、目立たないようにしているのだが・・・。
 
2012/03/30
 春ですが、まだ肌寒いです。昨日は雪だったとか。そんななか昨年植え替えてもらったミスミ草、別名雪割草が元気です。こんなにも元気になるのかと思うほど元気。勢いが違うし花の付き方も違います。思えば今までは何とか生きていたという感じでした。趣味の世界で取引されるミスミ草は高いものは数万円にもなるそうな。こんなら、栽培でも始めようかと・・・。ちなみに小布施町の町花です。
2012/03/21
 ようやく春とはいえどまだまだ肌寒い日が続きます。進学就職をひかえ、身辺を整理することもあるんでしょう。あるゴミの中をみると、驚くことに真新しいソロバンが入っていた。ほとんど練習にしか使ったことのない様子。確かに今生活の中でソロバンを使うことは皆無と言っていいかもしれない。しかし、だからといって捨ててしまうという発想はどうだろう。外国ではむしろ日本のソロバンを使って教育をしているという。暗算には有効な手段だとも聞く。日本の子供の数学能力は今後低下の一途をたどる?親の顔を見たい・・・・。

2012/03/18
 17日文化観光協会主催の観光メッセ。豚児に任せて北斎館の講習会に行く予定でしたが、けっこうお客様が見えていただき行くことができませんでした。残念。でもお客様には甘酒や味噌汁を提供し喜んでいただいたようです。なぜ売れるようにしないのかというお客様の叱責の言葉も頂戴しましたが・・・。

2012/03/15
 ご無沙汰になってしまいました。毎日のめまぐるしさに目眩も・・・・。澤選手と一緒か(^^;)
数日前より、北海道と山梨県の視察団体の対応をさせていただきました。小布施町のまちづくりの経緯、まちづくり会社の概要等をお話しさせていただくのですが、Q平もとよりおしゃべりは苦手です。いつも本来の担当者の代理なので、不慣れなところに味噌仕込みもやっていたりして疲れます。皆さん地元のまちづくりに熱心な方ばかりで、鋭いに質問をされます。改めて自分の勉強不足を痛感させられました。日々是反省。
2012/03/02
 いつの間にか3月。高く積もっていた雪も小さくなりほとんど溶けてしまったところも。そうなるとコハクチョウもシベリアに帰るのでしょうか。途中延徳田んぼに降り立ちます。昨年初めてその事実を知ってから今年も待ちに待っていました。人が近づくと彼らは「人間だぁ、気をつけろ!」と声を掛け合いながら少しずつ離れていきます。羽ばたいて逃げはしないのですが、一定の距離だけは保っています。どうもバカではないようです。何を食べているのでしょうか、泥の中に顔をつっこんでブラックスワンになっています。これも春の風物詩になるのでしょうか。

2012/02/29
 テレビ信州から取材がきました。ゆうがたゲットという番組です。なんでも小布施で春を発見したいということでネタを探していたら、味噌仕込みがあることを知り、その味噌造り体験を取材したいというのですね。まあ暇な時期だったから受けました。見えたのはかわいい女子アナの黒木愛子ちゃん。Q平ついつい鼻の下を伸ばしながら、手取り足取りとまではいかなくてもおそろいのエプロンで楽しませていただきました(*^_^*)それにしても、さすが女子アナ、歯が白くきれいだったのが印象的でした。サインもらうの忘れました。

2012/02/28
 文書館検討委員会と文化財審議委員会。商工会伊勢町支部総会と会議。その後まだあったんですが、酔っぱらっていたので失礼しました。総会の懇親会で信金の支店長が面白いことを言っていました。「戌亥の借金辰巳で返す」というのです。さすがは金融機関の支店長ですね。私は初めて聞きました。どうも株価にまつわる格言のようです。戌亥の年は底値になりやすく、辰巳の年は天井になりやすいというこれまでの経験則から出たものだそうです。ふーん、確かになんでも「年回り」ってありそうですね。
2012/02/20
 昨日は反原発映像作家、鎌仲ひとみ氏の講演会。原発の裏話、イラクの子供達を取材して劣化ウラン弾による被爆の実態を描いたドキュメンタリーを1500万もかけたのにボツにしたNHK。電力業界にスポンサーになってもらっているマスコミは、反原発ドキュメントを放映しようとすると圧力がかかり、結局放映できない現状等お話しいただきました。後の懇親会で福島大学の女子学生も来ていてお話しできたことは良かったですが、若い教授は小さなお子さんがいらっしゃるということで、春には徳島大学に転勤という・・。福島大学こそ今後地域自然エネルギーの先進地であってほしいですね。
2012/02/18
 高水味噌組合の新年臨時総会。湯田中でお泊まりです。同業者の集まりで一泊すると様々な経営的、技術的情報が入ってきます。それがいいところですね。でも今回はみなさん忙しかったのか、日が悪かったのか出席率が今一でした。理事長の不徳の致すところでしょうか。
2012/02/15
 長野の小学校で味噌造り体験実習を行ってきました。小学三年生なんでまだまだかわいい盛りです。みんなに聞いてみると、うれしいことに味噌汁は好きという子がほとんどでしたが、毎日飲むという子は半数くらいでしたか。今発酵食品がいいですよと言っても、子供たちにはなかなか難しいです。母親に言わなければなりませんね。でも楽しんでやってくれたかなと思います。それにしても、それぞれ個性豊かな子供たちを統率する先生は本当に大変だなとつくづく感じました。
2012/02/12
 食育学習会。久塚智明氏による「食をベースにした地域の価値の創出法について」というテーマでした。中で三つの目の大切さを紹介していただきました。一つは鳥の目・・・全体を俯瞰する目。二つ目には虫の目・・・現実を見抜く目。三つ目には魚の目・・・流れつまりトレンドを見る目が必要というのですね。そして、自分自身の持っている目は限界があっても、複数の目で見れば見えないものも見える。といいます。冒頭に「野菜を買っている人は何を買っているのか。さて答えは・・・」というのですが・・・。私の答えは「健康」でしたが・・・。
2012/02/10
 今年最初の味噌仕込みが無事終わりました。それにしてもボイラの軟水器には参りました。昨年末に不調がわかり、メーカーに修理に来てもらい部品を交換するも全く治って居らず。改めて来てもらい再度部品の交換。信頼していたメーカーだけに誠に残念。ボイラー本体に影響がなければと祈る。したら、パソコンの液晶ディスプレイもいよいよおかしくなってきた。二台並べているのだが、一台表示が薄くなってきた。なんでも寿命はくるもんだとわかっていても・・・・。
2012/02/06
 いろんな疲れが出たんでしょうか、ついにダウン。昨日より一日寝てました。インフルエンザかと思いきや、医者へも行かず治ってしまったのでそうではないと思います。熱がでると腸の働きがストップし便秘になります。熱が下がり治ってくると腸が再稼働し出るものが出ると快復です。以前は2日以上寝込んだことありますが、今回はとても軽かったような気がします。これも毎日「飲む点滴」こと穀平の「米こうじ甘酒」を飲んでいるからでしょうか。自画自賛です。(^-^)
2012/01/31
 「石原明子美味散策フェア」では本当に美味ばかり集まるのでついつい、いろいろ購入してきてしまいます。今回は思いきって佐野孝郎商店の「潮粒板うに」を購入しました。毎年眺めているだけで手が出なかったのですが、今回はどうしても羽前白梅と一緒に食べたくてカードで買ってしまいました。白梅、それも山廃造りと一緒に耳かき一杯くらい口に含むと、ウニの香りが口中いっぱいに広がります。これはまさに至福の時。ところが、小さく切って置いといたら、いつの間にか無くなっている。聞けば、大御所がニンジンだと思って食べてしまったという。うーん、本当にニンジンの味がしたんだろうか・・・・。
2012/01/26
 神戸から帰ってくるのを待っていたように大雪。半日雪かき仕事で除雪機がフル稼働。今期一番の大雪ではないでしょうか。ようやく一段落したら、もう一つうれしいファンレターも待っていました。岡山県の女子高生からです。今時の女子高生といえば、メールで済ませてしまいそうだと思っていたら、手書きのお手紙でした。食べログのやらせ等に象徴されるデジタル世界のひずみに辟易する昨今、なんかホッとする文面でした。何よりも若い人が味噌を評価してくれているということに改めて感謝です。是非ご紹介したいです。
2012/01/24
 そごう神戸店最終日。なかなか売上は伸びませんでしたが、いろんな意味で勉強になります。甘酒がそうそうに売り切れてしまいました。なんせ製造者本人が神戸で販売しているので、帰らなければ造れません。たくさん造ってきたつもりなんですが、本店の方でも売れてしまったようです。お客様から残念という電話がわざわざそごうさんまでありました。帰ったら早速麹造りから始めなければなりません。うれしい悲鳴ですね。
2012/01/19
 そごう神戸店二日目。マネキンさんがけっこう頑張ってくれています。でも神戸のお客様は今までとちょっと違うような気がします。変わった味噌が売れるんですね。麦味噌、はと麦味噌、みそ玉味噌が売れます。これは不思議な現象ですね。神戸の人たちは新しい物でも挑戦してみようという気概があるような感じです。これは見習わなければならないことですね。突然のアクシデントは、酒屋のぼっちゃんが痛風発作を起こしたこと。Q平同病相憐れむといいますか、ほっとけなかったのでホテルに薬をとりに行って差し上げました。明日は我が身かも知れませんから・・・。

2012/01/18
 神戸1日目です。信州穀平味噌は関西地方ではなかなか浸透しておりませんので、どこまでご評価いただけるか心配です。でも精一杯がんばります。問い合わせで、オーダー味噌では本当に希望通りの味をつくってくれるかとありました。味は本当に個人的なものですので、本人の求めている味のサンプルがあればそれを再現することは可能かも知れません。ただイメージだけではなかなかすぐに結果が出ないので、難しいですね。お話しを伺いながらともにつくっていくしかありません。

2012/01/16
 14.15は毎年恒例の小布施安市。年始めのお祭り騒ぎが終わりました。Q平この10年間は交通規制の門番をしています。今年はそんなに雪も多くなく、一日中立っていてもまましのげました。たちながらいろんな話をするのでいろんな情報が入るのがまた楽しみです。と思わなければやっていられません。明日からはまた神戸に行かなければなりません。
そごう神戸店での「石原明子美味散策フェア」です。一週間頑張ってきます。
2012/01/10
 新年になってもあわただしくバタバタと・・・。車を運転していたらいきなり警察官が止まれの指示。あちゃー、スピード違反かぁ・・?と思って窓を開けたら、「運転手さん、携帯電話してたでしょう!」という・・・。それは寝耳に水なので、「してません!」と言うと、なにやら無線で連絡。どうやらどこかで観察している警察官がいるようだ。そしてナンバーを確認し改めて「してたでしょ」、って言うので、「してません!」の押し問答。結局携帯の通話履歴を見せ、事なきを得たのだが・・・。なんか不愉快。そういえば耳がかゆくてかいたかもしれない。それが携帯に見えたのだろうか・・・。全くはた迷惑な話。でもこんな風にえん罪がつくられていくのだろうかと思うとぞっとする。
2012/01/04
 町の新年祝賀会。そして雪。雪かきは言ってみれば「徒労」です。かいているそばから積もり、また同じところをかかなければなりません。ほうっておいてもいずれ溶けて消えてなくなってしまうものなのに、かかなければ圧雪氷となり危険です。だからどんなに薄く積もった雪でもしっかりかいておかねばなりません。まあ、屋根の雪下ろしまではしなくてもいいところなので、それだけは助かっていますが・・・。雪国の宿命です。

2012/01/02
 初荷、仕事始めです。従業員さんはみんなおやすみなので家族だけで店番です。雪降ったりしたので開店がモタモタしていたら、82歳の大御所様から,「初荷というのにそんなにのんきにしていていいのか!」と厳しいご指導。正月でも容赦ありません。とにかくわけしょは朝早くから夜遅くまで働け働け・・・っと。なんだか今年も思いやられそうです・・・。雑煮をおかわりするほど元気な大御所様、益々お元気でご指導いただきたいと思いますが・・・。
こちらの方が先にいくかもしれません・・・。(>_<)

2012/01/01
 新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
年をとると信心深くなると言うのでしょうか、数年前に二年参りをしなかったら、店に車が飛び込んできたことがあります。以来毎年欠かさず二年参りは行っております。また元日には岩松院と浄光寺までジョギング参り。本年は岩松院の素敵な娘さんとお話しをすることができました。御利益御利益・・・。今年もいいことがありそうです。でも宝くじにははずれました・・・。それは去年の話か・・・。そうそう西証寺と西永寺さんにも行かなくては・・・。