2013/12/31
 大晦日、びっくりな出来事。なんと「リアル美味しんぼ」の長野対決において朝日新聞のきのこ汁に「穀平みそ」を使ったと出ているではありませんか・・・。(@_@)実は記事見逃していたのを桜井甘精堂の会長さんに教えていただきました。これはもう青天の霹靂。あわてて新聞をひっくり返して改めて見てみました。山本麗子先生のご指示だそうです。いや〜はや。年末ジャンボに当たったような気持ちですね。(^_^)v・・・(いやそれはそれで当たって欲しいのですが・・・)問題は朝日新聞のキノコ汁か読売新聞の野菜大名椀か、どっちに軍配が上がったかですね。もちろんキノコ汁を応援したいと思います。来年も良い年でありますように。素敵なお年玉でした。(^_^)v

2013/12/25
 今年最後の味噌仕込み終わりました。北海道のラーメン屋さんから依頼を受けての味噌仕込みです。作業をしながらラジオを聞いていると、「武田鉄矢の今朝の三枚おろし」でおもしろいことを言っていました。なんでも、クローン病という自己免疫疾患の難病治療に寄生虫を使ったところ九割がた治癒したとうのです。先進国のいわゆる文明人はアレルギーとか免疫疾患にかかりやすくなっている。それは生まれたときから衛生環境に育ったからだという。出典は「わたしたちの体は寄生虫を欲している」ロブ・ダン著。早速アマゾンで注文しました。
2013/12/21
 いよいよ大雪。除雪機のメンテをしておかなかったおかげで全然動かず。雪を運ぼうとした一輪車もタイヤがパンク。せめて一輪車だけでもと思い自転車屋さんに。おやじさん曰く、「これは○国製だからいい加減につくってある。だからすぐダメになる。」と言って新しい日本製のチューブに替えてくれた。確かにボルトナットの締めも甘く、手で回すことができる。販売店もただ安く売れさえすればいいという感覚でいるそうだ。自分では多少高くても品質のいいものを販売したいと言いつつ、モノを買うときは同じモノでもできるだけ安く・・。と思って購入したことを反省。まあモノにもよるけど・・・。
2013/12/14
 12日は久々のBUDJAZZライブ。ギンギンのJAZZに酔いしれました。いいですね生のライブは。なんといってもピアニストが美人でそれだけでもうれしいです。打ち上げでは一緒に杯を交わして飲むことができました。この二重の楽しみはこたえられませんね。サックス奏者浜崎さんの話ではサックスは1840年代にベルギーの管楽器製作者アドルフ・サックスによって考案され、木管楽器と金管楽器の橋渡しを目的に開発された。ということでした。
2013/12/09
 お買い求めいただいたお客様より大豆・米の産地について問合せがありました。なんでも放射能を気にしているようです。最近の弊社味噌は県産大豆+県産米がほとんどです。まあ小さなお子さんをお持ちの方は心配でしょう。でも味噌自体に放射能を排除する機能性があるようです。だから発酵食品はそんなに心配しなくてもいいのではないでしょうか。それよりも、合成保存料、甘味料・着色料やコンビニ弁当等々ジャンクフードの方が心配です。
2013/12/08
 6日は名古屋金山駅構内にて小布施物産展。朝四時半起きの強行軍。老体にむち打って頑張って販売してきました。名古屋はなんと言っても八丁味噌の本場。そこに信州味噌はなかなかですが、甘酒を試飲してもらったらけっこう売れました。甘酒が終わって味噌汁を出したらこれがまた評判よかったです。味噌を湯で溶いただけなのにダシを入れなくても美味しい、こんな食べ方があるのかと初めて知ったと言われました。そう思っていただいただけでもよかったです。

2013/12/01
 師走!。関口江畔の詩にこんなのがありました。
「人の考えごとを
 吹きとばして走る
 師走の風だ 
 他愛もなく
 吹きはらって走る
 師走の風は凄いぞ 」  

2013/11/23
 何年かぶりかのナメコ狩り。 もう雪が残る北の山。一般の人は立ち入ることのできない場所に許可を得て入りました。ミズナラの倒木や立ち枯れ木にそれはそれはびっしりとビックリするくらいナメコだらけでした。みんなバケツ2杯から3杯くらい収穫。お裾分けしたんだけど、変なキノコも混じってなかったか心配です。(^_^;)すぐ食べてみましたが今のところ大丈夫そうです。

2013/11/20
 森獏郎さんの講演会に行ってきました。「心の旅」という演題です。森さんが版画として手がけた俳人山頭火、一茶、関口江畔についてお話しいただきました。今回はバドで関口江畔と十牛図の展示会にちなんでのことです。一つ「老農」という言葉を知りました。単なる老いた農民ではないんですね。老農とは「農事に熟達し,経験・学識に富む農民。経験的に農事の改良・普及を行い,郷土の農民を指導,また各地を巡回した。(百科事典マイペディア)」だそうです。江戸時代からの在来農法を研究発展させたとか。特に明治時代に活躍していたそうです。関口江畔の「老農詩集」買いました。
 

2013/11/10
 長野地附山に行ってきました。30年ほど前に地滑りが起き犠牲者がでたところです。そこは今公園に整備され植栽もなされています。後で植林した部分と地滑りを免れた地区との植生の違いとかを観察する自然観察会です。天気は今一でしたが、紅葉がとても美しく、こんな近間にすばらしいデートコースがあることに感激しました。30年前に犠牲になった方には申し訳ありませんが。そばのつなぎに使われる「オヤマボクチ」、新芽を天ぷらにすれば美味しい「コシアブラ」、また「ショウジョウバカマ」の群生地も発見しました。都会の喧噪から離れて自然とのふれあい。これもまた妙。
2013/11/07
 飲食店での偽装が流行っているそうな。そう言えば先日横浜みなとみらいでの出来事。お昼にラーメンでもと思い博多ラーメン店に寄りました。そこに「当店特製オリジナル、炙りトロ豚チャーシュー麺」と銘打って分厚いトロチャーシューが6.7枚どんぶりの外にはみ出るくらいの大きさで写真にうつっていました。もちろん値段も一番。せっかく横浜まで来たのだからと迷わずそれに決め。出てきたラーメンを見て2度ビックリ!。分厚いトロ肉どころかぺらっペラの焦げたペーコンみたいなものが数枚浮かんでいるだけ・・・。噛むと堅く味気ない。これはもう文句言う気も無くなりました。羊頭狗肉っていうけど・・。一見さん相手だとそんな商売も成り立つものかと・・・。
2013/11/6
 昨晩そごう横浜店から帰郷しました。一週間は長いようで過ぎてしまえばあっという間ですね。味噌を楽しみにして来ていただけるお客様も何人かいらっしゃって本当にありがたいことです。反省点・課題も少しありました。一年にいっぺん横浜の旧友に会うのもまた楽しみです。また今年は横浜で誕生日を迎えました。横浜在住の大学豚児から万年筆のプレゼント。何十年ぶりに万年筆を使うようになりました。
2013/10/27
 「石原明子美味散策フェア」がそごう横浜店で10月30日から11月4日まで開かれます。料理研究家の草分け的存在、鎌倉在住の石原明子先生がお薦めする日本全国の食材展。北は北海道から南は九州に至るまで全国の美味いモンが一堂に会します。今年は一週間早まったおかげでけっこうバタバタです。月末が絡むといろいろありますから。それにしても、先生とは20年来のお付き合いとはいえ必ずお呼びいただき有難いことです。通常の催事と違い、こちらから行きたいと言っても行かれませんから。小布施から栗の平松農場さんとも一緒です。
2013/10/24
 一昨日は味噌品評会の審査員ででかけました。今年もみなさん良い製品ばかり300点以上も並び、評価させていただきました。審査員によっていろんな好みやら基準があります。Q平はとにかく色より味を最優先させます。なぜならそれが消費者の好みだから。でも不思議なことに消費者は最初に色で判断するのですね。この矛盾が困ってしまいます。それが審査会でも現れます。とにかく最初は色で判断され、それ以降味香り・・。Q平色がよくても未熟味を感じたものは評価しなかったんですが、結果的にはそちらが上位入選したようです。うーん、いずれも僅差です。

2013/10/19
 小布施六斎市、まちづくり委員会といいだん会。まちづくり委員会では初めて木の摩擦による火起こし体験をしました。それがけっこう大変でした。いいだん会では焼き鳥とお好み焼き屋。明日はまた和楽の会もあります。まったくあちこちで、てーへんだぁ・・・・。市町村交流で見えていた熱海市の市長と交流懇親会で一緒になり、大船渡のおばちゃんたちの元気な姿を拝見しました。お祭りのようです。明日の天気はどうでしょう。。

2013/10/17
 信州の酒メッセに行ってきました。メインは食文化研究家、魚柄仁之助氏による「迷宮入りした食文化」講演会。面白かったです。落語の「目黒の秋刀魚」が有名で、現在目黒では秋刀魚まつりをやっている。しかし殿様が目黒で食べた秋刀魚は実際はどんな味だったか。時代考証をしながら解析してみると・・・。あるいは肉じゃがが日本に本当に一般的に普及したのはいつの時代からだったか・・・。興味深い話ばかりでしたが、酒屋さんメインということで酒粕の利用法についてのお話しもありました。もう少しいろんな「迷宮入り」をお聞きしたかったです。
2013/10/15
 台風が近づいているようです。果樹が心配ですね。テレビを見ていたら発酵食品についてお話しをされていたました。発酵菌といえば、過日の食品衛生講習会での話。某大学病院の先生が美味しい?ヨーグルトの作り方を教えてくれました。まずミルクを温めそこになんと赤ちゃんのウンチを耳かき一さじ入れるそうです。すると翌日には立派なヨーグルトができているというのです。うーん・・・。美味しいと思って食べられるか・・、ビミョーですね。
2013/10/14
 テレビの健康番組を見ていて驚愕。尾籠な話で恐縮だが、洗浄便座でお尻を洗いすぎると皮膚の常在菌までなくなり、かえって腫れ、湿疹がおきてしまうという。そ、それはまさに自分のことではないかとビックリ。Q平用を足した後はとにかくきれいに洗浄しなければ気がすまない。腫れたり、湿疹ができたりするのは汚れのせいと思っていたのに実際は全く逆だったとは・・。もう言葉もなかった。人間の皮膚にとりついている常在菌。存在は知っていたがまさかそんな役割を果たしていたとは・・・。菌のありがたさは金にも代えがたい・・・?
2013/10/13
 町民運動会。長野県内でも市町村全体の運動会を行っているところは少ないそうな。小布施はなんと49回目だそうな。Q平毎年樽ころがしに出場させていただいております。味噌屋だから木樽の扱いはお手の物と思われているのでしょうか。今年は一番最後でたすきを受け取り、なんとか2位まで挽回。最終的に1位でゴールしました。面目躍如というところでしょうか。なのにケーブルテレビではQ平の雄姿はカット。うーん、やむえないかもしれない。ま、結果よければすべてよしというところで。

2013/10/10
 秋の味噌仕込みが終わりました。今年は例年になく10月まで暑い日が続いています。これから毎年こうなるのでしょうか。気候ばっかりはどうしようもありません。と、教育委員会から依頼が。小学生のわんぱく教室で味噌の話をしてくれという。時期は来年ということでした。食品の基本的な作り方から教えたいというのです。とても大事なことと快諾しておきました。どんな風に話そうか、今から構想を練らなければ・・・。

2013/10/07
 フェイスブックをやっていると最近なぜかやたらかわいい女の子からお友達リクエストがある。全く知らない女の子なんだが、かわいいのでつい「承認」してしまいそうになる。たまたま知り合いの男性が先にお友達になっていたから、「○○さんってどんな子?」って聞いてみたら、「実は自分も知らない」との返事。フェイスブックは皆さん原則実名だし、個人情報もけっこう詳細に載せている人もいる。かわいい女の子は何を目的に友達になりたがるのだろう・・。なんとなく怖い世界だ・・。
2013/10/06
 1年と2ヶ月前に購入した電子レンジが壊れました。新しいものに替えようとしたら、大御所様曰く「なぜ修理してもらわない」というので、今は買うよりも修理代の方が高いと申し上げても信用しない。「一年ちょっとしかたってないんだから修理して使うのが当たり前だ」と。さらに「交渉して当たって砕けろ」とまでおっしゃる。どうやら修理代は購入価格以下だと信じて疑わない。やむなくメーカーと販売店に電話をして症状を話しおおよその見積もりをいただく。いずれも8800円で購入したものが修理をするとなると10000円以上になるという。大御所様の気持ちもわからなくはないのだが・・・。いったいそんな電化製品に誰がした。
2013/10/03
 あっという間に10月、今日は取引先デパートの衛生管理講習会で上京しました。ノロウイルスについての講義が主でそれなりに勉強になりました。昼にはすぐ近くにある「永田町黒澤」でランチ。「世界の黒澤明監督の名を冠し、その映画の感動を食で再現する」というコンセプトだそうです。その興味深さもさることながら、この度弊社味噌を使用していただくことになり表敬訪問も兼ねて行ってきました。しつらいも映画の小道具らしきものがさりげなく置いてあったり、メニューが映画の題名であったり・・いやなかなか良かったです。昼の定食はとてもリーズナブルな価格で味よし、味噌汁も美味しくいただいてきました。黒澤監督にも飲んでいただきたかったなぁ・・・。また行きたいです。
2013/09/29
 食養セミナー。「実践的中医学の応用食育食養の講演」だそうです。興味深いのは、人間の精神活動に深く関係している「セロトニン」というホルモンの一種が実は腸内でつくられ、その腸内濃度が低下することにより、ボケとかうつ症状が発症するという。うつの多くは便秘だというのです。よってうつを直すには便秘から治すということも言えるのかな。いずれにしろ、お腹を冷やしたりすることはよくないことであり、特に女性は気をつけた方がいいということでした。うーん確かにそれは言えると思います。昔の人はとにかく腹を冷やすなと言ってました。経験的に知っていたんですね。
2013/09/23
 伊勢町二十三夜祭。先日の小布施若者会議の中で、「地域コミュニティの原点は祭りだ」ということを言っている人がありました。まさにその地域コミュニティのイベントです。確かに近所に住む老若男女が一つの場所に集まる唯一の機会なんですね。そしてみんながそれぞれに食べ飲み唄い楽しむこと。びっくりは近所なのに全く知らない美人の奥様がたくさんいるということがわかりました。それに若者会議でPRをしておいたら若い女性が3人もQ平を訪ねてきてくれました。やっぱりコミュニティの原点は「お祭り」です。
2013/09/21
 小布施若者会議。Q平すでに「若者」ではなく「ばか者」ですが、お手伝い。初日の今日はいろんな分野の第一線で活躍している人のお話。3人の方にお話しいただきました。なかなかよかったです。影山氏の「自分の目的のためにその人をどう利用するか、ということではなくその人をどう支援していくか」という言葉が印象的でした。これは経営者と従業員、店とお客様、会社と地域についても同様のことが言えるというのですね。お客様の消費者マインド、いかに安くいいものを多く手に入れるかということよりも、金額の高低よりいかに豊かな満足感を与えることができるか。ということが大切だということだそうです。爾り。
2013/09/18
 台風一過のさわやかな青空が広がっていました。被害にあわれた地域のみなさまには心よりお見舞い申し上げます。最近三年味噌がないかというお客様の声がたびたび聞かれます。実は三年味噌あります。けっこうな量。最近のお客様は色が白目を好みます。そこで三年味噌のようなまっかな色は売れなくなってきてしまいました。でも中には熟成が進んで真っ黒にちかい味噌の方が美味いし身体にいいとおっしゃる方もいます。やはり店頭に出しておいた方がいいでしょうか。
2013/09/14
 朝10時からポールマッカートニーのコンサートチケットを入手すべく手を尽くしましたが、全く接続できず。お客様が見えたりしたので中断しているウチに売り切れ。結局諦めざるを得なくなりました。もうポールにとっても日本公演はこれが最後かもって思いはみんなもっているのでしょうか。Q平いわゆるビートルズ世代です。うれしくも悲しくもビートルズを聴いて癒された時代。甘酸っぱい思いとともに懐かしく思い出されます。

2013/09/08
 そういえば、先日の講演会。店の前にある皇大神社のお話。伊勢神宮は今年遷宮となります。その伊勢神宮の分社(御分霊社)として当神社も遷座祭が行われました。それにちなみ宮司さんによる解説をいただきました。興味深かったのは、明治までは伊勢神宮から御師と呼ばれる宮司が小布施に見えて御札を配布していました。ところが制度が変わり、伊勢からこなくなったことにより、「皇大神宮」から「皇大神社」になったとのこと。今では「神宮」といえば、「伊勢神宮」のみだというのです。「だいじぐさん」と呼ばれていた神社。長年どっちが正しいのか疑問に思っていましたが、その答えを教えていただきました。

2013/09/07
 昨日は某園芸協会ご一行様の味噌造り体験。園芸を趣味としている方々なので、とても品のいい奥様が味噌造りを力一杯していただきました。中にはすらりとした英国美人も・・。Q平思わす力が入ります。本日は本日で鴻山記念館の事業「妖怪夜会」。さーけんせってみね会の屋台店出店。あいにくの雨の中たくさんの子供たちが怖いもの見たさに集まっていただきました。Q平いろんな事に首突っ込みすぎなんですが、今日はドイツ美人が声をかけてくれました。雨の中やってよかったと思います。(^_^)v
2013/08/31
 昨日に引き続き生ゴミ堆肥の作り方講習会、桜井甘精堂泉石亭お披露目会、堆肥化でお呼びした吉田先生との意見交換会、和楽の会ボランティア活動の記録、二十三夜祭の打ち合わせ会議と8月最後の日に盛りだくさんの一日でした。おかげで楽しみにしていた小布施音楽祭には出られず終い・・。明日からはもう9月。秋なんですね。でもまだまだ暑いです。暑い中ジョギングをしたら、あいたい病が・・・。だって、走った後の一杯が美味しくて・・。
2013/08/28
 遠方のお客様からみそ漬について言われました。「こういうみそ漬はもうほとんどなくなってしまったので、是非とも造り続けて欲しい」と。大根の姿漬け。熟成して色はあかく辛口、昔ながらの漬物です。もう市場では過去の遺産かガラパゴスか。過日見えたお客様も「これは日光でお婆ちゃんが一人で漬けているという所とお宅しか見たことない」とおっしゃっていました。なんと申しましょうか、昔から漬けている方法をただただ続けているに過ぎないのですが・・。本当はもう少し合理的に、色もよく、味も調味料を使ったりして現代風にと思ったこともあるのですが・・・。結局そのまんまです。

2013/08/26
 穀平蔵では何十年も前から重石は自然石を使っています。でも自然石は必ず両手で持たなければならないし、大きさもまちまち形もまちまちでとても扱いずらいです。ともすれば指をつぶしてしまいます。そこで最近人工の漬物石に替えました。自然石が不要となったので、廃棄処分にしようと思ったところ、大御所様が立ちはだかります。「お父さんが苦労して集めてきた石を勝手に処分するとは何事ぞ!」というのです。うーん、気持ちはわからなくもないけど、邪魔なんですけど・・・。ただ、石でさえ何かに利用しようとする根性は見上げたモンです。そのくらいしなければお金は貯まらないんでしょうね。マネできません。だから貧乏・・・・。

2013/08/24
 群馬から味噌造り体験に来ていただきました。ご年配かと思っていたら若い方ばかりでした。若い方たちに味噌のなんたるかを知っていただくことは本当に大事なことと思います。日頃口にしている食べ物がどんな原材料を使い、どんな風につくられ手元に届いているかを身を以て体験することは、食に対する「ものの見方」を深めてくれるものと思います。きっといい家庭を築ける方たちでしょう。
2013/08/21
 H-LABサマースクール小布施では「ボーダーを越えるリベラル・アーツ」とあった。新しい格闘技を小布施でと勘違いしていたが、どうやら「幅広い教養を身につけるための教育プログラム」のようなものらしい。「すぐ役に立つことは、すぐ役に立たなくなる」という言葉もあり、専門知識に偏ることはいわゆる「つぶしがきかなくなる」。企画力、創造力、開発力を養うために様々な体験を交え総合的な人間力を育てることは大切なことと私も思う。味噌ひとつつくるにしても、生物学、化学、物理学、数学、管理には統計学、販売には経済学、経営学、新商品開発には社会心理学、芸術とか学んでいればもっと穀平は大きくなったかも。ははっ(^_^;) 今回参加した豚児に期待したいが・・・・。
2013/08/19
 昨日は17名の海外含めた学生が味噌造り体験にみえました。日本人のみそ離れと海外での評価の話をし、実際に手で豆をつぶし、麹と塩を混合するという作業をしていただきました。若い女子学生はきゃあきゃあと楽しんでいたようです。おじさんも楽しめました。それにしてもみんな優秀な学生ばかりで感心です。将来偉くなったらよろしくと言っておきたいですね。
2013/08/17
 お盆は16日からH-LABサマースクールにお手伝いをすることになりました。不肖の豚児も参加するとあって、協力しないわけにはいきません。 さーけんせってみね会では手筒花火のイベントにお祭りムードをだそうと屋台店を出しました。さーけんせってみね会のみんなには苦労かけました。手筒花火はそれはもう迫力があってよかったです。ハピキラの彼女たちも来てくれたし・・。(~o~)

2013/08/13
 お盆、昨日はお花市、焼き鳥おじさん奮闘す。奇跡的な出来事。10数年前に銀細工の女性作家に宝石を2つ加工してもらうために預けました。でも期間を決めずにおいたら、そのうち彼女は嫁に行き所在知らず。以後請求しようにもできず、そのまま10数年間。諦めかけていたら、焼き鳥屋の前に現れる。請求したところ探してみるという。でもその日の電話では見当たらないので返したのではないか!?。もっとよく探して欲しいというと、実家まで行って探してくれた。そして無事保管してあったのを発見!本日10数年ぶりに手元に戻る。おまけの1つを付けてくれて。お盆なのでご先祖様のお陰でしょうか、これが本当の「縁日」。

2013/08/08
 (株)ア・ラ・小布施の成り立ちについて知りたいという女子大生とお話しをさせていただきました。かわいい女子大生だったので、ついつい力が入ってしまいました。最終的に小布施は「ばか者、わか者、よそ者」がバランス良く活躍してくれている。それが全体的な活性化につながっているのだと思います。ただ、現在は階段で言えば踊り場状態であり、次のステップをどう踏んでいくか。大きな課題となっています。つまづいてこけないようにしなければなりませんが、冒険を恐れていても前に進めません。次の一歩はやはり「わか者」でしょうか。
2013/08/07
 甘酒造りです。過日、同業者はどんなつくりをしているのかと企業秘密を聞いてみました。驚きました。麹はあまり使わず「酵素剤」を使用しているというのです。全量麹だと着色が早いし、味に複雑味がでるため麹の分量を減らし、薬品同様な酵素剤を使うという。うーん、ショックでした。Q平は汗水垂らしほぼ全量を米こうじを使い甘酒をつくっています。それが当たり前と思っていました。でも大手がつくる方法は汗水は垂らさなくても簡単にできるんですね。しかも色はより白く上品な甘さ。ただ本当に身体にいいとされるものはどちらか。Q平江戸時代からの製法にこだわりたいと思います。

2013/08/04
 「ビアアーベント」無事終わりました。別なことで気になったことがあります。ハーフのかわいい女の子。小学校の高学年でしょうか。どうやらハーフということで学校でいじめられているそうです。そこで彼女は女の子ではなく男の子のように見せようと髪を短く、どうみても男の子の格好をしています。近くの女性が「ボクありがとう」って言ってました。それをいや女の子なんですよと訂正したら、逆にその子は泣きそうになってしまった。日本の子供たちの中にあってハーフのかわいい女の子はなぜいじめの対象になるのか。単民族の弊害でしょうか。教育を考えなければいけません。

2013/07/31
 昨日は「なんじゃもんじょの会」
 8月2日「ビアアーベント」
 8月12日「お花市」
 8月17日「H−LAB」
 9月3日「なんじゃもんじょの会」
 9月7日「妖怪夜会」
 9月23日「二十三夜祭」・・・・・・・・Q平の夏がはじまります。

2013/07/24
 暑い日が続きます。それでも朝晩は涼しくなるのでまだいいのですが・・。そういえば先日の講習会では、一日24時間が人間の体内時計では25時間だというのですね。じぇじぇ、そうすると実際の時間と体内時計とは一日1時間ずつくるっていく勘定になります。それを修正するのが「朝の光」だというのです。ふーん、そんなこと初めて聞いたなぁ。どうりで朝の光を浴びない自分の時計は狂いっぱなしだと自覚しました。健康長寿には適度な日光を浴び、適度な運動、そして発酵食品を中心に摂るといいといいます。実行しなければ意味ありませんね。
2013/07/19
 小布施駅前活性化を考えている「エキカツ」の信大生が来ました。なんでも駅前に栗の木でつくったベンチを作りたいというのです。さーけんせってみね会では丸太ベンチを作っていますので、その流れでしょうか。栗の木の手配を頼まれました。でも栗の木って線路の枕木や家の土台に使われたりするくらい堅くて丈夫なんですね、逆に言えば加工しづらいのですが・・。工学系の信大生がどんなベンチをつくるのか、楽しみです。

2013/07/18
 突然小布施の中学生がグループで見えました。なんだろうと思ったら、くりんこ祭について提案があるという。もっと活性化するために出店を増やして休憩場所をつくった方がいいというのです。それはまさにせってみね会が毎年やろうとしていることで、それならばただ提案するだけじゃなくて一緒にやりましょうと申し上げ、先生に許可を得てもらうことにしました。これでボンボンつりの担当者ができました。焼き鳥もやってもらえばいいですね。楽しみです。

2013/07/17
 15日「ぼくらのごはん」主催の食育セミナーに行ってきました。国際中医師木津学氏のお話です。興味深いのは、リラックスホルモンを出し、免疫力が上がるセロトニンという物質はその90%が実は腸でつくられるというのです。そしてその「腸能力」を高めるための必須アイテムが「味噌と梅干し」だと。とにかく日本の伝統食である「味噌と梅干し」は地球の宝とさえおっしゃっていました。うつ病は腸能力を高めるそのために味噌と梅干しを食べなさいと。うーん、より多くの人に聞いてもらいたいお話しですね。

2013/07/14
 第11回小布施見にマラソン。Q平初回から11回目の出場。9回目からは「炎のゴミゼロランナーズ」。今年も上田百勇士の会の皆さん、プラス外部から新メンバーの方々にご参加いただきました。ありがたいことです。ビックリは小布施だとゴミ拾いをするとスタッフからは歓迎されるけれど、上田だと迷惑がられるというのです。それで上田では1回しか実行できなかったと。うーん不思議なことですね。ゴミ拾いをしながら走っているとランナーの方から声をかけられます。小布施から意識を変えていかなければダメだと声援もいただきました。
そうだと思います。

2013/07/10
 そういえばウチのホームページを置いているサーバー、容量が一杯になってきたので7月より転居しました。150Mから150G。なんと1000倍です。11年使ってきて不自由はなかったのですが、いよいよデータ量が多くなると・・。よかったのはメールサーバー。今まで一日100通は下らない迷惑メールが新サーバーではフィルターがかかり、ほとんど入ってこなくなりました。これはラッキーです。いよいよホームページもリニューアルしたいのですが・・・、予算が・・・。
2013/07/09
 7日は12年続いた小布施ッションが最後の日。本日の新聞にも出てました。さまざまな分野で日本の最先端の先生が小布施に見えてお話しいただき、後の交流パーティも最高の料理を先生とともにいただくという、まさに小布施の旦那文化の極致と言えるイベントでした。Q平横浜に行っている11月以外はほとんど出席です。130回くらい出させていただきました。頭には知的刺激、そして興奮。舌にも快感の小布施ッション。全てはセーラと小布施堂さんのおかげと改めて感謝です。今後は形を変えて継続という話もありますが、大いに期待したいと思います。
2013/07/05
 かつて大変お世話になった方の突然の訃報に驚き、告別式に行ってきました。まだまだ若く、Q平と年が近いこともあってたいへんなショックです。遠い親戚筋とはいえ、弊社味噌をたくさん扱っていただきました。半年くらい前お目にかかったときにはあんなにもお元気だったのに。ホントに人生ってわからないものですね。そうかと思えば、同じ親戚筋で101歳になられるおばさまが健在だといいます。なんでも総理大臣の表彰状をもらったというのでひ孫がびっくりしてました。人生いろいろです。
2013/07/04
 飯田市の中学校から修学旅行を受け入れました。なんでも二年生の修学旅行は小布施のまちづくりを学ぶために来たそうです。弊社も三グループを受け入れ、味噌の話、日本食のお話しをさせていただきました。聞いてみるとやはり朝食はパンがほとんどだといいます。そして汁物はミルク、ジュースのたぐいがほとんど。Q平まちづくりよりも味噌の効用についてマドンナやミラジョヴォヴィッチの例をあげてお話しをさせていただきました。お母さん方にうまく伝わるといいのですが・・・。
2013/06/29
 28日は「なんじゃもんじょの会」古文書を楽しく読みましょうという会です。
今回は不義密通のお話。昔は死罪もあったようですが、今回の証文は和議証文とのこと。それにしても今も昔も人のやることはかわりませんね。そして本日から3日間は小布施史料調査会。Q平いろんなことに関わりすぎていると常々思っているのですが・・・。
2013/06/24
 23日、写真家高木こずえ氏による写真の話と公開撮影。写真の芥川賞とも言える木村伊兵衛写真賞をもらった若手美人作家ということで、たくさんの人が集まりました。お話しによれば、自分探しの旅は過去にさかのぼり、現実には遺跡発掘を通じて。経過の中で撮った写真をコラージュし、その抽象から得たイメージを具象化しようとして撮影するというパフォーマンスでした。うーん、若手美人作家の考えることは、おじさんにはよくわかりませんでしたが、美術館に勤めているという美人がQ平のことを覚えていてくれて声をかけてくださったのがうれしかったです。
2013/06/21
 自然観察会、鍋倉山のザゼンソウを見に行ってきました。植物学博士、清水先生についての観察会です。山歩道から触れる草木をことごとく解説していただきながら歩くと、今までの山行きにはない驚きがあります。残雪のブナ林の中、ザゼンソウの花にはちょっと早かったようですが、たくさんの発見がありました。惜しむらくは自分の記憶力。先生の口から植物の名が矢継ぎ早に出てくるのですが、頭の中に書き留められません。写真には撮るのですが・・・。

2013/06/20
 19日「味噌の効用に関する研修会」 味噌研の原山先生と共立女子大の上原教授によるお話し。まさに目からうろこのお話しです。結論的には従来からよく言われる、「高血圧の人は味噌汁を控えるべき」という常識?が実は非常識であったということ。それを科学的データに基づき、証明していただきました。味噌汁を飲んでも血圧は上がらないばかりかむしろ下がる傾向にあるというのです。面白かったのは、ラット試験でネズミは塩水より味噌汁が好きで、思いの外大量に飲んでしまったという。にもかかわらず、塩水を飲んだネズミより血圧は上がらなかったというのです。ネズミには教えられることが多いです。でも人間の脳にいったん染みついてしまった概念を払拭するには時間がかかりそう。

2013/06/18
 アメリカと中国で互いにサイバー攻撃をしているという。ウチにも毎日100通くらいのメールが届くがその98%は迷惑メール。それが不思議なことに昨年くらいまでは英文の迷惑メールばかりだったのが、最近は中国語の迷惑メールがほとんど。たしかにバーチャル世界も勢力図が書き換えられている様子だ。日本語の迷惑もあとをたたない。人妻のお誘いやお金をただでくれるという。そんなのに乗ったらそれはもうたいへんなことになる。頭にきてみんな削除してしまったら、中に重要なメールがあった。もう何とかして欲しい。

2013/06/17
 昨日は小布施「栗花市」。なんでも父の日は栗の花の香りをかいで酒を飲んでいただこうという主旨のお祭りだそうです。さーけんせってみね会にも協力を頼まれました。そこで朝4時に起き、山田牧場へタケノコ採りに。熊に出会うか行方不明になるかというところでタケノコを採ってきました。神社の境内でタケノコ汁をつくり、お客様に提供。それなりに喜んでいただきました。それにしても年をとると朝はやく山行って午後まで働くのはつらいです。来年もあるのでしょうか・・・。アルプスがきれいに見えました。

2013/06/13
 昨日は市販味噌研究会。ということで出かけていきました。品評会用の味噌ではなく一般に市販されているみそを集めての評価会です。品評会は各部門に最高水準の味噌が並びますが、市販味噌は本当に千差万別です。まあそれがいいんでしょうが・・。味噌関連の参考食品も並べられました。消費量がどんどん減ってきている状況の中、業界としてもがいている姿が垣間見られました。大手になるほど大変なんでしょうね。ウチも次の一手を考えなければと思いました。
2013/06/08
 6日は小布施ッション。菓匠Simizuのシェフパテシェ、清水慎一社長のお話でした。なかなか熱い人です。印象に残ったのはやはり冒頭の祖母の言葉です。清水氏の祖母はことあるごとに話していたそうです。「自分のために頑張るのはつまらんぞ、運がいいのは徳があるから、徳は努力によって身につくモノではない。先祖の行いが今の自分の徳になる。」「今日出会った人に笑顔で接し、誰でも平等に接しろ。今目の前に困っている人がいたら助けてやれ」という言葉でした。そして、自分の会社は何のためにあるかという問いに父親の答えは「美味い菓子をつくるということではなく、全スタッフが今日この会社で働いてよかったと思うこと、その存在価値を示す、ということだ。」というのですね。考えさせられました。

2013/06/05
 味噌造り体験のカメラ取材がありました。なんでも折りたたみ自転車メーカーのCMに使われるそうです。小布施に観光に来て自転車で回ると味噌造り体験ができる店があったという設定だそうな。テレビCMと思ったら、ネット動画によるCMとのこと。うーん、時代はいよいよそうなってきたかと。確かに多大なコストをかけ不特定多数の人に見てもらうのと、格安なコストでコアな興味のある人にのみ見てもらうのと違いますね。費用対効果を考えたんでしょう。ミズタニ自転車というメーカーだそうです。

2013/06/01
 あれれ?という間に六月。はやい,早すぎる。5月は総会続きで飲んでばかり。4月より痛風の薬を飲み始めました。生成阻害薬のフェブリックという薬です。2ヶ月間で数値は8.8から6.4まで下がりました。これはもう正常値。普段薬は嫌いで飲んでいないためか、とてもよく効いているようです。人間愚かなモノです。数値が正常になったとたん、安心してビールをがぶがぶと飲み始めてしまいました。薬を飲まないときはあんなに注意していたのに・・・。でも飲むとやはり足の親指が感じてきます。それでも飲むのやめないという・・意志の弱さがつくづくと・・・・。

2013/05/18
 先ほどのお客様、奥様と旦那様と味噌汁の味の好みが違うというのです。奥様は味も色も薄め、旦那様は逆で濃いめが好きなので味噌汁をつくるときに苦労しているとおしゃる。いったん奥様用のものをつくってから、旦那様用の味付けにしていくそうな。そこで、両者が満足する味噌はないかというのです。うーん。うまくいくかどうかわかりませんが、弊社の吟醸味噌をお勧めしました。どうでしょうか、結果が知りたいです。
2013/05/08
 小布施の千曲川土手沿いには八重桜がそろそろ終わりですね。そういえば先日ミスパウルの家にある緑桜、「御衣黄」というそうなんですが、それを見てきました。そんなに大木ではないんですが、周りの木々に埋もれあまり人目につかなく咲いていました。あそこに緑色の桜があるんだよと人に話しても知らない人がほとんどです。大分弱っているのでなんとか保護したいと思うのですが・・。とりあえず周りに肥料を撒くことくらいしかできません。
2013/05/07
 5日は11回目の「子供祝いみこし」今年は18名のお子さんにご参加いただきました。毎年のコトながら、三トン近くもある大きな神輿のため準備がたいへんです。もう200名も集まらないので、その重さを感じるだけで運行はできません。かわりに運行できる神輿を用意して担ぎます。その夜は小布施ッションだったんですが、疲れて行かれませんでした。寄る年波といいますが、打ち寄せる年の波に少しずつ心の岸辺が削られていくような気がします。
2013/05/03
 鴻山生誕祭ワークショップ「九条家と装束」に行ってきました。「なんじゃもんじょの会」講師の原田氏が企画したイベントですからちょっとでも顔出さなければなりません。内容は「束帯」の着付けです。いやー初めての経験はなんでもエキサイティングです。公家の装束の着付けを一から行う様子をつぶさに見ることができました。こんなことは今後先ずないでしょう。外国人のおばちゃんも感激してました。
2013/05/02
 いつの間にか皐月。連休真っ最中ですが、そんなに忙しくはありません。気候は例年に無く寒い日が続きます。明日はまた霜が降りる予報とか。いったいお天道様、お大地様はどうなってしまっているのでしょう。一説にはいよいよ地球が氷河期になる入り口にいるのだという・・。温暖化だからちょうどいいなどとは言ってられません。今年の作物は不作という予報も・・。輸入しているモノは値上がりしているし・・、さてさてこれから原料調達がたいへんな時期になっていくでしょう。
2013/04/25
 春の味噌仕込み。今日は有機無農薬米と有機無農薬大豆、それに伯方の塩を使用したヘルシー味噌です。くりのみ園の製造依頼でつくりました。どんなに健康にいいといっても美味しくなければ長続きしません。少しでも美味しくするために頑張ります。昨日は文書館開館、明日は「なんじゃもんじょの会」忙しい日々を過ごしています。

2013/04/16
 満開の桜。味噌仕込みも始めました。でも機械にも「芽ふき時」ってあるんでしょうか。最近機械のトラブル発生が多いです。先ず業務で使用しているプリンタが故障。麹を造り始めたら、加湿器のホースが破裂して場内水浸しに。と思ったら今度はファンモータが全然回らなくなり、このままでは麹造りが失敗に終わることに・・。あわてて応急処置をしたところ、なんとか異音をたてながらも回ってくれています。でもいつ止まってしまうかハラハラ。全く春先は人間と一緒で体調不良が多いとはびっくり。やはり普段からのお手入れが大事!?

2013/04/09
 いよいよ春の兆し。雪割草、カタクリ、イカリソウ、ショウジョウバカマ等々真っ盛りです。桜はこれからですね。ショウジョウバカマと言えば、いつもその名の由来を不思議に思っていました。少女のように可憐?だったら、ショウジョウバエは?小さいから?答えは謡いにありました。「猩猩(ショウジョウ)」というサルの化け物がいて、大酒飲みで赤ら顔をしているというのです。オランウータンみたいに。そこから赤い花をつけるショウジョウバカマ、赤い目で酒好きなショウジョウバエということになったらしい。ふーん、思いも寄らなかった。
2013/04/05
 4日は恒例の小布施ッション。インテリアデザイナーの杉本貴志氏。失礼ながら存じ上げなかったんですが、建築業界では有名な方だそうです。けっこう海外の著名ホテルの内装などを手がけている世界的インテリアデザイナーだということがわかりました。「日本の美学とは人の意識が入るところと入らないところギリギリのところにあるモノだ」ということでした。レストランの中に大きな自然石を置いたり、チョウナがけの大きな一枚板をカウンターテーブルに用いたり、自然を大胆に取り入れた斬新なデザインに目を見張りました。
2013/04/03
 いつの間にか四月。スキーもできない季節になりました。今日は樹木医の先生が事務所入り口にある松の治療に見えました。なんでも、「セキハンハガレ病」とおっしゃる。なんのことやらさっぱりと思ったら、漢字では「赤斑葉枯病」と書くのだそうな。おまけにダニが三種くらいとりつき、とても弱っているという。治療には根の周りをきれいにし、お茶ガラなどを捨てない。周りの土をとり土壌改良剤と菌根菌を与えるというのだ。消毒もする必要がある。ちなみにダニに効くクスリは「ダニサラバ」という薬品名だとか・・・。うーん効きそう。
2013/03/30
 そういえば過日、戸倉までセツブンソウの群生を見に行きました。日がそんなに当たらない西斜面に一面の小さな白い花に感動しました。聞けば白い花のように見える部分はガクとのこと。でもどうみても花ですよね。同時にアズマイチゲの可憐な姿も。奥深くひっそりと咲いているはずなのに、人がぞろぞろ、おまけにテレビ局も・・・。Q平花にカメラを向けていたら、テレビ局のカメラが・・・。採用にならないことを祈ります。
2013/03/23
 まちづくり委員会主催「住まいと防災」講演会。講師は信大の松田昌洋教授。「大地震から我が家を守るために」ということで、過去の地震被害の現状を紹介し建物の耐震性能を向上させるためのノウハウを説明していただきました。従来瓦屋根の建物は自身に弱いという言われ方していましたが、実際には軽い屋根でも倒壊した建物もあるので、一概に屋根の仕様だけで耐震性能が決まるわけではないというのがわかりました。それにしてもウチは大丈夫でしょうか・・古い建物が心配です。
2013/03/22
 第2回「なんじゃもんじょの会」前回に引き続き原田先生の名講義。今回は江戸時代の通行手形を読み解きました。面白いのは目上の人に出す文書には敬うための作法があるんですね。一文字あけたり、文字を書く位置を高めにしたり、そんな現代でも通じる心配りも同時に学ぶことが出来ました。でも今はパソコンで横書きって場合はどうなるんだろう・・・、なんて野暮なことを考えないようにします。
 
2013/03/17 
家に「クソするぬいぐるみ」がいる。時折ワンと吠える。トイプードルというのだそうな。名前の通りおもちゃのようだ。それがどうもマッサージが好きらしい。特に耳ツボマッサージがお気に入り。あるときこたつに入ってなでてやったら、それがツボにはまったらしい。以来Q平がこたつに入ると、待ってましたとばかり飛んできて耳ツボマッサージをねだる。さらに犬用の棒ガムを持ってきて、片側をしっかり持っていろという。人に持たせてそれを噛むのだ。その前に指をなめてゴマするのは忘れない。犬知恵というのだろうか。憎めないしろもの。
2013/03/15
 最近テレビ局の取材依頼が立て続けです。今回は味噌で。「赤味噌と白味噌との違いを視聴者に知らせたい。」「みそ玉みそについてその製法を知りたい」取材対象は色々ですが、味噌のことを改めて取り上げていただけるのは喜ばしいことです。残念ながら、ものづくりの現場を知らない若い人がイメージだけで問い合わせしてくるので、予定取材日が急。数日後の日曜日に取材したいと言われても、豆米の前処理準備が全く間に合わないのです。ある意味マスコミってそういう表層的な部分がありますので、注意しなければ間違った情報が伝わってしまうこともままありますね。気をつけなくては。
2013/03/14
 先日の信金経済講演会、「未曾有の経済危機」として経済学者の野口悠紀雄教授。現在アベノミクス効果か株価の上昇が続いている。しかしそれは期待値のみで実体経済は伴っていない。どころかこれから益々悪くなる一方であろうというのだ。その理由をいくつか挙げながら説明していただきました。そのうち国債は紙切れ同然になるだろうという。あたかも戦時中に発行された国債がそうであったように。そんな恐ろしい話を聞いてきました。証券会社からは国債を買えと勧められるのですが・・・。はたして・・・。
2013/03/10
 弊社の名を「穀平味噌醸造所」と記載してくるものが多い。「殻平」でなければまだいいんだが・・。「漢字の起源」によれば、「場」とは 「神を祀る道」「穀を治める田」「田の耕さざる者」 で、 「所」とは 「斤で木をたたく音」であるという。古くから醸造では「場」を使う意味はそこに神がおりてくる場であったからに違いない。酒でも味噌でも目に見えないなにかによって発酵が起き、その良し悪しでできが違う。だから神聖な「場」なのだ。間違えて欲しくないと思うのだが・・・。
2013/03/05
 恒例の信州味噌技術講習会。メインの講演は共立女子大学の上原誉志夫教授。「味噌摂取と血圧」という演目でお話しをいただきました。血圧の専門家が、高血圧の原因の一つとして味噌があるのではという仮説のもとに研究をしてみたら、真逆の結果だったということを科学的データを駆使して照明していただきました。高血圧は塩分の取り過ぎイコール味噌汁の飲み過ぎと30年以上も言われ続けてきたコトが科学的にひっくり返されたのです。でも問題は業界で言ってもしかたないんですね。その事実が一般的な社会通念として定着しなくてはなりません。あと何年かかるでしょうか・。

2013/03/03
 風邪引きがまだよくなりませんひな祭り。演劇祭シュワシュワカーニバル?お子様向けかな。午後は小布施ション。今回は趣向を変えて玄照寺での開催。これもなかなかいいものです。講師はCMディレクター今村直樹氏。「人と社会が幸福になる広告のあり方」について講演いただきました。印象的な言葉は、「大量生産されるモノではなく、かといって作品でも、手づくり少量生産でもない『中間的なモノ』がこれからの時代に重要性を増すのではないか」ということでした。

2013/02/27
 25日は名古屋金山駅にて小布施物産展に行ってきました。Q平風邪をひきながらの涙の参加。でも八十二銀行の行員さんにお手伝いをいただきましてなんとか倒れないでやってきました。赤だし本場の地域で信州みそを売るのは至難の業ですが、お陰様でそこそこ売れました。甘酒はすぐに売れ切れました。でも何と言っても一番人気は「信州リンゴ」生産者が直接持ち込むので、大きくていいものが安いということなんですね。まさに飛ぶように売れていました。

2013/02/22
 長野市の小学校で味噌造り教室を開きました。Q平が講師で行ったんですが、小学二年生ということもあって、みんなかわいい子たちでした。ただ最初にショックを受けたのは、今朝、味噌汁を飲んできた子供が一人もいなかったということです。ほどんどが一週間に数回ということでした。昨年はまだ1/3位はいたような気がするのですが・・・。これはもう子供たちと言うより、親たちへの啓蒙活動を進めなければ味噌業界はたいへんなことになろうかと思います。先生も味噌造りは初めてとおっしゃっていました。うーん、どないしょ・・。

2013/02/19
 昨日は「なんじゃもんじょの会」。文書ってなんじゃ?あなたも古文書が読める!(かもしれない)という古文書学習会です。先生は若い美人講師。なのでQ平主催で行いました。いや、おもしろかったです。文書を解読するにその構造的なところから攻めていくとは、若い講師ならではのアプローチで、学ぶ方もグッと引き込まれました。内容は「農閑期に行商をしたいのでその許可をもらえれば有り難き幸せ」っということでした。なんかその時代の人の様子が生き生きと伝わってくるような楽しいひとときでした。(^-^)

2013/02/17
 知り合いの樹木医が突然訪ねてきました。何かと思ったら、「お宅の松危ないよ」とおっしゃる。どうも大分弱っていて病原菌やらアブラムシやらがやたらついているという。このまま放って置いたら枯れてしまう危険性も。そこでその対策を教えていただきました。なんでも、春先消毒をしながら根の周りの土を取り出し、代わりに菌根菌の住まいになる炭を埋めるという。それで見違えるように元気になるというのだ。キンコンカンなら知っているが、菌根菌というのは全然知りませんでした。なんか木の根周りに共生菌があるそうでそれが木全体に活力を与えるという。松に松茸、ブナにベニテングタケ。その関係も同じという。人間にも菌人菌がいそうですね。

2013/02/12
 胃カメラ検診。慢性胃炎・ポリープ等悪いとこだらけ・・・。でも血圧だけは20代(^_^)v
今日は横浜やら東京やらから、やたら電話がきます。「テレビ見たよ!」夕べ遅くフジテレビのニュースJapanとかで小布施をやったんですね。なんでも、女子大生二人が彼氏をつくらず、会社をつくって地方の物産を彼女たちなりにデザインして都会で売ろうという試みが取り上げられたらしい。その彼女らと親しい町民としてQ平が登場しました。(^_^;)ちょっとコメントも・・・。自社の話題ではなく、女子大生の話題に乗っかるところがQ平のミソ?

2013/02/11
 最近ヒマなので後片付け等をやっています。本日はハクビシンのトイレ始末。古い家の天井がそのおかげでいたみ、一部崩落してしまったんです。昨年からだったんですが、忙しくできませんでした。天井の一部を切り取ったら、乾燥したウンコが落ちてくること・・。おかげで頭からホコリだらけになりました。穴が開いた天井は壁紙で覆うしかなかったんですが、今度きてウンコしようと思ったら下に落っこちる落とし穴になります。うまく引っかかってくれるかどうか・・・。落ちてこられても厄介だけど・・・。

2013/02/06
 最近有名歌舞伎役者の訃報がマスコミを賑わしている。それを見た我が家の大御所様、「歌舞伎役者は忙しすぎてろくなものを食べてないから病気になるんだ」とおっしゃっていました。え〜〜!そうなのぉ・・・?有名歌舞伎役者だったら少なくとも庶民よりいい生活し、食事もいいものを召し上がっているかと思うのですが・・・。でも大御所様の見解にはケチつけるわけにはいきません。ごもっともでございますと言うのだが・・・。

2013/01/31
 ジャムを数種類、食卓に置いておいた。同時に幾種類か楽しみたいと思って。ところが我が家の大御所様、「ジャムは一瓶が終わったら次のものにしなさい」とどこかにしまい込まれてしまった。また、マーガリンは穴を掘るようにすくってはいけないと言って、表面を平らにならし始める。「欲しがりません、勝つまでは」の時代を生き抜き、財を築いてきた大御所様。おっしゃることは尊重しなければと思いますが、息抜きできないのはつらいです。
2013/01/29
 突然友人が訪ねてきた。人生相談に来たというのだ。話を聞いたら、「若い女性との会話における話題は何がいいのか」という。なんでも自分はテレビ初期のドラマとかアニメに凝っていてその話題は豊富だがそれ以外は不得意という。言ってみれば「昭和テレビおたく」なのだ。平成生まれの女性に、昭和ヒーローのよさをわかれと言っても無理かも知れない。でも「三丁目の夕日」は続編も出るほどの人気映画だったことを考えるとその辺から責めていくのも手かも知れない。うーん、若い女性との話題が一つ増えた。(^_^)v
2013/01/28
 小布施史料調査会最終日。小布施では4月には文書館を開館しようとしています。全国的にも町クラスでつくろうとする動きは先進的と言われています。これは10年以上も前から活動をしてきている我が「小布施史料調査会」の実績が相当影響を与えているものと確信をしております。とにかく地道な活動でも長く続けることが肝要ですね。まだまだ先は長いです。課題は地元の若い人につなげていけるようになることですね。うーん、難しいけど・・。
2013/01/24
 昨日ついにabn朝日放送で先日の「まちじゅう図書館」が放映されたようです。Q平残念ながら見ることができませんでした。一昨日も美人アナから電話があって、町の人を紹介して欲しいと言われ友人を紹介しました。どうやら彼も出演したようです。そしたら本日急に彼が御礼のあいさつにきました。なんでも久しぶりに若い美人女性とお話しができたというのですね。ふだん人つきあいが少ないんでしょうか・・・。そんなことで御礼を言われても・・・。結局、類は友を呼ぶってことでしょうか・・・。(*^_^*)
2013/01/20
 先日のイノシシの件が新聞に載っていました。なんでもスーパーの入り口に突っ込んでドアを破壊し、その後店内を一周して突き破ったところからまた逃げていったようです。ほんとに迷惑なイノシシでした。でも人的被害がなくてよかったです。Q平もアイスピックを持って構えていたのですが、相手が大きすぎて太刀打ちできないと思いました。それにしてもなぜ店の中に突っ込んでいったのか。不思議です。
2013/01/18
 今年は正月早々いろんなことがあります。今日は駐車場の雪片付けをしていたら、突然何かものすごいスピードで近づいてくるものが・・・。思わず目を疑いました。なんと大きなイノシシがこちらに突進してくるのです。(@_@)背中には傷がある手負いのイノシシ。幸いQ平の傍らを通り過ぎ国道に出たとたん、滑ってひっくり返りましたがすぐに起き上がり一目散に小学校の方に。これは大変と交番に電話。すると小学生が交番に逃げ込んでいたみたいで承知していた様子。ここは山から2kmもある町の中心部。雪が深いので里に降りて迷ってしまったのでしょうか。そこまで追われてきたのでしょうか。なんか、かわいそうなような、おっかないような・・・。

2013/01/16
 14.15安市という町一番のお祭りが終わりました。昨日は吹雪の中、恒例の門番を勤めました。今日はまたabn長野朝日放送からのテレビ取材。やっぱテレビに出るアナウンサーって美人ですよね。(*^_^*)テレビ取材はどうでもいいけど美人アナウンサーとお話しできたことが幸せです。あっ、取材の内容は味噌には関係なく「まちじゅう図書館」についてでした。面白いことはなんでもやろうという気楽さで始めたモノなのに、こんなにも注目されるとは思いませんでした。Q平容姿のことを思うとあまりテレビ向きではないのですが・・・。

2013/01/07
 ラ・ビブロトリーというお店が弊社敷地内にオープンしました。20代の素敵な女の子が始めたお洒落なお店です。味噌屋の敷地に洋物ヴィンテージアクセサリーというのがミソマッチ?という人もいるかなぁ・・・。でもBUDもそうですが、何らかのオリジナリル文化を持っている人ならば、どんなヒト・コト・モノでも受け入れたいと思います。何事も「多様性」を尊重したいQ平です。味噌も菌の多様性が生み出す作品ですから。今日は早速須坂新聞が取材に。そして明日はBUDが信濃毎日新聞に紹介されるそうです。今年は周辺がマスコミに取り上げられる年でしょうか。

2013/01/03
 明けましておめでとうございます。今年も皆様にとってよい年になることを心よりお祈り申し上げます。昨年来麹ブームということで、弊社の米こうじを使った甘酒や塩麹がけっこう評判良いようです。ありがたいことです。今年は改めてより良い麹つくりをめざして精進していきたいと思います。どうかご支援の程よろしくお願い致します。