2014/12/27
 年末押し迫って長年使用していた麹室の床暖房が壊れてしまいました。年末麹を造らなければ甘酒とか塩こうじが間に合わないのです。調べてみたらボイラのポンプが回っていないとのこと。さてさて困り果てました。18年使用していたので今までよく持ったともいわれました。寿命ということで結局新品に交換することに。そこに輪をかけて家のオーブンレンジも故障。これも寿命とか・・・。寒くなると身体の不調が起きるのと一緒でしょうか?それにしても大きな出費です。

2014/12/26
 昨日は松本大学の留学生が日本文化を学ぶという主旨で弊社工場見学に見えました。全員が女子大生ということで、Q平もうルンルンです。中国、韓国、ウイグルというのです。言葉の壁もあるのでしょうか、みんな控えめでおとなしい学生ばかりでした。でもウイグルはちょっと違って積極的でしたね。中国領とはいえ自治区であり民族も違うので、プライドが感じられました。言語も文法は日本語に似ているというのでウイグル語を教えていただきました。「Man siz ni yahxi korlman 」=(I love you)

2014/12/24
 最近外国人の観光客が増えているようです。ドキドキするような金髪の方もいらっしゃいますが、日本人と思って話しかけると訳わかんなかったり、英語で答えてくるお客様がきます。今回はシンガポールの方でした。Q平片言の英語で対応するのですが、相手の母国語が英語でなければ、気楽にブロークンです。工場見学をしたいと言うのでお連れしました。これも日本のお・も・て・な・し。味噌も買っていただくのも最近の外国人の傾向ですね。ありがたいことです。
2014/12/21
 早速テクノ財団の担当者が木樽を使った味噌のサンプルを取りに見えました。なんでも、木樽仕込み味噌の中から雑菌に対する抗菌性物質をもつ乳酸菌を発見したいというのです。でも中には自社の樽から見つかった菌は他には出したくないという方もいらっしゃるようで、ウチはその点どうでしょうかと言われるんですが、弊社は全く問題なく自由に使ってもらって良いと答えました。まだ見つかったわけではないので何とも言えませんが、万一見つかって多くの業者に利用されるなんて名誉じゃないですか。大いに期待したいと思います。
2014/12/12
 まだまだお歳暮の発送に明け暮れていますが、興味深い講習会がありましたので行ってきました。「地域に根ざした有用乳酸菌・酵母の探索」というのです。信大の河原先生のお話。いや難しかったです。改めて知ったことは、酵母はキノコとカビと同じ仲間である「真菌」と呼ばれる生物である。ということでした。正直酵母とカビは別物と思っていましたので、改めて目から鱗です。そして、自然界からとった野生酵母は抗アレルギー作用があり、それを使ったパンや濁り酒の実例を紹介していただきました。うーん、味噌も樽に住み着いた酵母がおるのですが・・・。
2014/12/03
 いよいよお歳暮の発送に明け暮れています。有り難いことで感謝です。北海道のラーメン屋さんから味噌の注文。弊社でその店専用にお造りしています。話では安定して良い物を提供してくれるので売り上げも2割くらいアップしたので感謝しているということでした。これはとてもうれしいことですね。北海道に行ったら是非とも立ち寄りたいと思います。
2014/12/01
 なにげなく、師走。走らなければ・・・。過日直木賞作家の朝井まかて氏が当家に取材に見えました。なんでも北斎の娘、お栄を題材にした小説を書きたいとのこと。それが10月末の話。ところがもう「小説新潮」の12月号には新連載として、載っているのです。これにはびっくり。今までどれだけの期間どれだけの取材をしてきたのかわかりませんが、もうすでにストーリーはできあがっているのでしょうか。それにしても早い!小説家の才能ってすごい!連載が終了し、単行本になって、映画化される。そうなるとまた面白いことになりますね。そうなって欲しいですね。
2014/11/28
 26日はBudジャズライブ。ニューヨーク在住のヒロ近藤さんが7年ぶりに来日コンサート。その初日だそうです。スタンダードをたくさん演奏していただきとても聴きやすい、心地よいコンサートでした。それにしても、観客から急にリクエストされた曲を簡単にその場で弾いてしまうのには、さすがプロと思いました。Q平にも楽器を演奏できる才能が欲しいと思います。
2014/11/22
 先日表彰式に行ってきました。いつもは気軽に出かけるのですが、今回は少々緊張気味。とにかく扱いが全然違うのですね。これには改めてビックリ。どこかの議員さんが「1番じゃなくてはいけないのか、2番ではダメなのか」という発言があったような気がしますが、1番と2番の違いはもう天と地ほどですね。確かに日本で一番高い山はと問われれば、ほとんどの人が「富士山」と答えられますが、では2番目に高い山はと問われて正確に答えられる人が何人いるでしょうか。いや勉強になりました。宝くじを買わなければと思っていたら、なんと発売日は翌日ということがわかりたいへんなショックを受けて帰ってきておまけに風邪を引いてしまいました。

2014/11/18
 先日信大の学生たちが大挙してお見えになりました。どうも小布施のまちづくりについてお勉強をされているようです。Q平たいしたお話はできるわけありません。味噌屋だから味噌の話をしたら仲介した人が困っていましたが・・・。どうも敷地内でいろいろと店が展開している様子が「場」の利用法として研究対象になるとかならないとか・・・。旦那文化と言われることもありますが・・。1つしか無い人生、稼ぐことも必要ですが、楽しめる時は楽しまねばと思います。

2014/11/12
 そういえば先日、ロンドン娘がQ平を訪ねてきました。なんでも木樽を使った醸造について取材をしたいとのこと。日本人的な名前だったのでわかりませんでしたが、会うとハーフの美女!美女に目がないQ平、30分の予定が3時間ほどに・・・。聞けば日本中の酒蔵やら味噌蔵を訪ね日本の木樽醸造の文化をドキュメンタリーにして海外に紹介したいというのです。セーラが数年前に六本木で行った木桶OKのイベントに出席してから木樽(桶)に興味をもったとか。小布施も気に入っていただき次回は友人も連れてくるという。それも大いに期待したいと思います。(~o~)
2014/11/10
 さーけんせってみね会の恒例行事、ナメコ狩り。栄村の山奥に連れて行ってもらいました。熊と競争で探したところ、あるはあるは・・・・。背中のかごがもういっぱい。さっそくナメコ汁に。やはり天然ナメコは栽培とは風味が全然違います。帰りにはチップを燃焼して湯を沸かしているバイオマスボイラーを見てきました。小布施のエネルギーにも効果的かもしれません。単なるキノコ狩りで終わらないところがすごいですね。
2014/11/05
 そごう横浜店での「石原明子美味散策フェア」に8日間行ってきました。その後片付けをしていたら、中央味噌研究所から電話。全国味噌鑑評会において弊社味噌がなんと「農林水産大臣賞」を受賞したという報告。つまり赤味噌部門で文字通り日本一ということですね。これにはびっくり。何かの間違いだと思うほど。まるで宝くじに当たったような気分です。実はQ平は長野県の品評会の審査員をしていますが、出品される製品はみなレベルが高く、ほとんど差はありません。0.01位での差で順位が決まるだけなのです。審査員によって評価するポイントは微妙に違いますから、とどのつまりは色味香りのバランスのいいものが最終的に高得点になるということですね。今まで支持していただいているすべての皆様に感謝です。
2014/10/17 
 忙中閑ありというのでしょうか。戸隠鏡池に行ってきました。今年最後の自然観察会。平日というのに狭い道の奥に車がびっしり。びっくりしました。行ってみて納得。それはそれは美しい光景が広がっていました。鏡池の名の通り紅葉が湖面に映り込み、背後には戸隠山の岩肌が荒々しくそびえ、確かに絵になる風景でした。戸隠そばは食べられませんでしたが、景勝でお腹いっぱいになりました。
2014/10/12
 連休の忙しい時期に小布施町は町を挙げての町民運動会。Q平毎年の出場種目は「樽転がし」。もう10年もやっています。今年は練習も事前のジョギングもできなかったので、朝ちょっと走り込みをしたら本番になって足が疲れ言うことをきいてくれません。なんか年齢を感じさせる運動会でした。一週間に二回は走らないといけないようですね。頑張らなくては。

2014/10/08
 先日浅間山の外輪山、黒斑山に登ってきました。快晴に恵まれ遠くに富士山が見えました。冠雪前の浅間山の絶景が目の前に広がりすばらしい光景を堪能しました。ところがふと西方に目をやるとやはり遠方に御嶽山の噴煙・・。あの噴煙のもとでたくさんの人が犠牲になったと思うといたたまれなくなりました。同じ山を愛する者として心よりご冥福を祈りたいと思います。まだ不明な方は早くご家族のもとに帰られることを重ねて祈ります。

2014/10/07
 時はあっという間に過ぎますね。今日は突然NHKの取材が来ました。なんか「先取り」って言う番組だそうです。味噌のことではなく「まちじゅう図書館」のこと。Q平はテレビ映りも悪いし、おしゃべりも下手なので困りました。気楽にやった店の中の本棚がこんなにも反響を呼ぶものかと正直びっくりですね。結局なんでも「先取り」ってことが意味あることなんでしょう。そういえば何年も前からやっている「オーダー味噌」これも先取りしたおかげでマスコミにのったことがあります。今でも細々と続いていますが・・・。他人と違ったことをいち早くやる。これが大事・・さて次なる一手は?

2014/09/28
 初めてボルダリングなるものをやってきました。当初まちづくり委員会が町に提言し民間公募から審査をして決まったミュージアムの活用法です。7月にようやく開館したというので、その後どういう状況か見学です。せっかく行ったんだからやってみようということになり、生まれて初めてやってみました。いやー面白かったです。初心者は室内での体験ですが、手前にそり立つ壁を決められた出っ張りを求めて足と手をあちこちと。普段使わない筋肉を使うし、汗びっしょりになります。今日は筋肉痛が。

2014/09/24
 伊勢町二十三夜祭も終わりました。今年は天気に恵まれたことに感謝です。芸能祭では出演者に苦労したみたいですが、皆さん張り切ってやっていただきました。特に男性が毎年喜ぶのは、美しい女性が踊るフラメンコ。かぶりつきで正座をして見ている男性は、「衣装が舞うたびに良い香りが鼻先に振りまかれる」と感激しきり・・・。さらに「フラメンコ全国大会」をやろうと話は急展開。しかも来年の夏祭りで・・・。いやはや・・・。何事にも下心は大事だが、はたしてどうなることやら・・。

2014/09/21
 先日の警察署長さんのお話。特殊詐欺、いわゆるオレオレ詐欺はどんな人がだまされやすいのですか?と質問したら、「みなさん全員がだまされる可能性があります。」ということでした。確かにだます対象は多くともだまされる人はそれなりのパターンがあると思います・・。今までだまされた人のプロファイルをつくれば今後重点的に注意しなければならない人も絞られてくるような気がします。違うかなぁ・・・。Q平、すてきな女性からの電話だったらだまされてもいいと思うのですが・・・。

2014/09/15
 昨日は岩波講座。赤川次郎氏とむのたけじ氏。むのたけじ氏は99歳という。しかしそのバイタリティはすごい!声に張りがあり現代の地球環境の問題から集団的自衛権に至るまで力一杯お話しいただきました。人類の寿命はあと40億年か40年かというのです。そして40億年持たせるためには今自分たち一人一人自ら運動を起こさなければならないといいます。「お互い、相手を尊重しながら。」「あきらめることをあきらめて。」「中途半端はダメで何事も一生懸命」やり遂げる。そこに道は開けるということでした。最後に「人の花は老いて咲く」だそうです。Q平まだまだつぼみですね。

2014/09/13
 秋の仕込み一段落。「おぶせ未来共育会議」講演会に出席。上田市立北小学校校長小岩井彰氏。面白かったです。最近の子供はままごと遊びをしなくなったという。しても母親の役をする子がいない。なぜなら小言ばかり言う嫌われ役だから。また父親役もいない。なぜなら、存在感がないから。さらにペットになりたがる子もいるそうな。なぜなら、家族みんなにかわいがられるから。今の子供たちの「非社会化」は小さいときからの他人との接触不足が大きな要因だという。それがひきこもりを生むというのですね。うーん、たくさんの人との接触は大事なことだ!
2014/09/08
 運動をやっていた高校生の豚児が身体をつくるためにプロティンを飲んでいた。大きな缶なので運動をやめてから放っておいた。すると85歳になられる大御所様。もったいなからと毎日飲み始める。なんでも身体つくりをしたいそうな・・・。確かに毎日朝早くから畑仕事で精を出し、ご飯はお代わり、そういえばお小言も最近パワーアップしたと感じていたらそんな秘密があったとは・・・・。体力、筋力、金力、知力、小言力で大御所様の右に出るものはいない。
2014/09/07
 6日は妖怪夜会。第3回目の鴻山記念館お化け屋敷。今の若者が最先端の技術と感性でつくるお化け屋敷は子供たちの間で評判。本来普段鴻山記念館に足を運ばない地元の子供たちに記念館が親しみを持ってもらいたいという趣旨で始めたこと。でも昨年は「こんなに怖いところは二度と行きたくない」と小さな子供に言わせたほど。その子供も一年たてばまた来たくなるはず。せってみね会では待合広場での屋台店の出店。Q平はまた焼きそば屋。オリジナル伊勢の宮焼きそばも評判いいそうな・・・。

2014/09/04
 大御所様、最近耳が遠くなってきていて補聴器を買ったらすぐに犬にかじられた。だからと言うわけでもないが耳を治すために信大まで行って手術をするときかない。直接信大は無理だから須坂病院に行って紹介してもらう必要あると説明したら、すぐに診察に行ったらしい。結果的にどこも悪くないという結論で紹介は不可。加齢によって耳が遠くなるほど長生きという・・・。どうせ遠くなるなら気が遠くなって欲しいと願うのだが、気は毎日ピリピリと・・。いまだに箸の上げ下げにご指導いただいております。そのうちこちらの気が遠く・・・。

2014/09/03
 30日は岩波講座、おもしろかったです。アーサー・ビナード氏。同じ卵の焼き方でもアメリカでは「太陽が昇る」であるものが「目玉を焼く」と全く違うのに驚いたということから入り、同じ現象でも表現された言葉には立ち位置がある、というのです。たとえば、広島原爆の中心部では原爆のことを「ピカ」といい、少し離れたところでは「ピカドン」と表現されるが、関係ないところでは「原子爆弾」となる。「原発再稼働」も最近では「運転再開」と言い直されている。そのように表現された言葉の裏に潜むものを私たちは注意していなければならないという。ですね。

2014/09/02
 月末は講演会巡り。28日「地域主権時代の発展戦略」 月尾嘉男先生。日本の成長期のいろんな数字と現在の数字を比較していかに現在の日本は低迷しているかということを示していただきました。数字の説得力というのはすごいですね。工業化社会で必要なことは「画一化」であって、それによって日本は成功してきたが、今後は集中から分散モノから情報、生産から生活、物より心等々となり時代は国家から地域になってきているという。その地域に必要なことはその地域に存在する多様な文化でありその魅力を創出していくことこそ地域が生き残る方法論だというのです。
方言でーじ、そいこんだ。

2014/08/25
 お盆のバタバタが終わりほっとしていたらぼけてしまいました。「今ならあなただけに 0円」というスマホの案内についつられ、かわいい店員さんにも会いたくなってショップに行きました。あーでもないこーでもないと約2時間、新しいスマホになりました。おまけにタブレットまで・・・。使ったことがあるIpadが良かったんですが、あえて日本製にしました。で結局割り引いていただいたんやらなにやら・・・。どうも毎月の使用料が増えてしまいそうです・・・。やられてしまったかも・・・。でも今のところスマホには満足です。タブレットはよくわからない・・・。(^_^;)
2014/08/18
 日曜日は朝5時半からお宮掃除にはじまり、駐車場草取り、お客様のガストラブルと朝からバタバタ。午後は高校生たちのインタビューを受け、終わったらホームスティの準備炭おこしに焼き肉、後片付けと一日目一杯でした。こんなに働いた日もないでしょう。高校生たちが小布施でいい思い出をつくってもらえばそれに超したことはありませんね。
2014/08/16
 昨日はH-LABの花火イベント。豊橋から見えた手筒花火。凄い迫力でした。火の粉をかぶりながら最後に爆発!手で持っていた人は本当に大丈夫かと心配になるほど。天気もずっと雨模様で心配でしたが、本番になると雨はぴたりとやみ無風状態に。やっぱ行いのいい人がいると違うなと。Q平は今回も焼そば屋。200人前を焼くのはちょっとつらいです。でも女子大生にお手伝いいただいたので・・・。(~o~)

2014/08/14
 お盆です。同級会。何もこんなに忙しい時期に開かなくてもいいのに・・・。まあそれでも幹事さんが趣向をこらして一所懸命やっていただいたみたいです。何十年ぶりなので全然わからない人が数名いらっしゃっいました。でも話しているとなんとなくわかってくるんですね。面白いものです。残念ながら二次会は行かれなくて、明日のイベントの仕込み。同じ仕込みでも焼きそば屋の仕込みです。黒川さんと大豚児、そして大学生が3人お手伝いいただきました。明日天気になあれ。

2014/08/10
 信州岩波講座。「昭和史から何を学んだか」保阪正康氏、「若者の生きづらさと憲法のリアリティ」雨宮処凜氏の二本立て。対談で面白かったのはどう見ても篠沢教授と小保方さんが対談しているように見えたこと。(不謹慎ですが)気になったのはすぐ近くで大きないびきをかいて寝ている人がいたこと。不謹慎と思いつつも気がついたら自分の気も遠く・・・。保阪氏の講演会に来る人は年配の方が多いそうな。その人たちに3種あり。1.戦後仕事一途、リタイアして改めて天皇制や戦争の意義を考えたい。2.会社一筋、リタイアして歴史を客観的に判断したい。3.子孫に何か残さなければならない。と思って来る人々だという。さてQ平は?

2014/08/07
 知らぬ間に8月も一週間。1日からビアアーベント。4日は長野市小学校先生たちの研修会に呼ばれ、みそ造りの講師をしてきました。小学生なら気楽なんですが、先生方相手というのは緊張します。びっくりは最後の校長先生の講評。いやなかなか人のいい加減な?話をよく聞いていただいています。恥ずかしかったです。「麹を育てるには最初は赤ちゃんを育てるように目をかけ、成長したら逆境にさらす。」と「機械で均一に混ぜたものより、手混合の不均一さの方が味わい深い」というところに教育者としての感性に触れられたようです。なるほど・・・。こちらも勉強させていただきました。

2014/07/31
 いつの間にか7月も終わります。くりんこ祭りでばたばたしてました。清水先生の自然観察会に参加しました。びっくりは絶滅危惧種と言われる「ハイハマボッス」という植物がなんと山道際に小群落があるんですね。それは小さく可憐な花を咲かせますが、知らなければ雑草と一緒です。平気で踏み荒らされてしまう危険性があります。でも現状では保護しようがありません。世の中にはほんとに様々な問題がありますね。

2014/07/21
 第12回小布施見にマラソン。無事終わりました。ちなみに初回から連続で参加している人はQ平含め67人とのこと。記録は伸ばさなければなりませんね。9回目からは「炎のゴミゼロランナーズ」でゴミ拾いながらの走り。記録は2時間43分。ゴミを拾いながらですからこんなもんでしょう。一時期に比べればゴミ箱の設置も増やしてもらったし、ランナーのマナーもよくなってきたような気がします。ランナーが沿道にゴミをやたら捨てないよう頑張ります。
2014/07/19
 見にマラソンのボランティア。明日早朝のお弁当を各部署に人数分振り分ける作業をしてきました。おにぎりは日高昆布と南高梅、そして紅鮭です。それを3時間近くかけて種類も平均に配分します。今まではランナーとしてボランティアのありがたさを感じていました。今度はボランティアの大変さをまた身をもって体感させていただきました。当日早朝より出労されるかたには感謝です。

2014/07/17
 夏の仕込み終わりました。銀行やら役場など回っていると、捕まってしまいます。夏のイベントの打ち合わせ。目先にはくりんこ祭りでのほおづき市、1日はミュージアムでのビアアーベント、15日はH-labの花火イベント。その間にみそつくり体験があります。いずれもQ平関わらざるを得なく、テキ屋とみそ屋どっちが本業?と問われるくらいです。せっかくだから楽しんでやりたいとは思うのですが、最近疲れがたまってきているようです。あー、テキ屋もみそ屋も後継者がほしい・・・。

2014/07/14
 12.13と近所のお宅の庭環境整備です。なんでももう住まないので庭木を一切処分してほしいとのこと。せってみね会に話があり引き受けました。いい庭木なのでなんとか病院とか図書館とか公共施設に移設しようと思いましたが、やれ書類を出せだのしちめんどくさいことを言うようになったのでやめました。のりのいい責任者だとみんなも面白がって協力するんだけど、しちめんどくさいことばかり言うようになると気持ちは離れていってしまいますね。残念です。
 
2014/07/10
 防火管理者講習会。消防署で資格のための講習会です。今日は実技が多かったので面白かったです。善光寺の戒壇巡りのような中で煙にまかれる体験とか、119番に実際に通報してみたり、3階から避難ばしごを伝って降りるとか。普段できないことを体験できました。ひとつお勉強は、「権原者」と「権限者」両方あるということでした。なんでも「管理権原者」が「防火管理責任者」を選任する責務があるそうです。うーん、うちの場合は両者が同じなんだが・・・。
2014/07/09
 大雨、被害に遭われた方には心よりお見舞い申し上げます。小布施も結構断続的に強い雨が降りました。あわてて、店の入り口近辺に土嚢を積みに行きました。ところが、走ってくる車はみんななぜかスピードを上げてきます。早く行かなければと気がせくのでしょうか。道路は川になっているので水しぶきがものすごく、店全体にバシャバシャとかかります。もちろん人がいても容赦なくぶっかけて通り過ぎていきます。おかげで店も私もびしょ濡れになりました。マナーを持っているドライバーはいずこ。
2014/07/04
 早いものです。もう半年終わり。今日は松代まで「真田十勇士」の講座に出てきました。うちは江戸時代、松代藩主と深いつながりがあり、六文銭が入った文箱を拝領しています。また象山の門人であったりと松代とは深いつながりがあるのですが、実はその歴史をほとんど知らないということを知り、改めてお勉強しようと出かけていきました。そういえば、小さい頃「猿飛佐助」だとか「霧隠才蔵」とかわくわくしてなにか読んだような記憶があります。遠い記憶ですが・・・。ちなみに小布施見にマラソンで「炎のゴミゼロランナーズ」では「真田十勇士の会」の皆さんに協力いただいています。
2014/06/29
 久々の人間ドック。ここんとこなぜか腰痛が痛いので万が一内蔵的なものから来ているとやばいと思って受けてきました。近所にそういう人がいたので。結果は三週間後ということですが、結石、嚢胞、動脈硬化、と尿酸値は覚悟していました。血圧は20代です。まああちこち痛くても、酒がおいしく飲めますし小布施見にマラソンにも出るためのジョギングはできています。スラックラインもやってきました。病は気からといいます。気の持ちようで病があってもどこかに行ってしまうかもしれません。
2014/06/28
 26日は二回目の小学校でのみそ造り。今度は3クラス。二年生はかわいいです。でも時折収集がつかなくなりそうで先生方の苦労がわかります。パンフレットを用意したのですが、二年生には難しいと思います。でも大豆のタネをまいて育て収穫して加工するというのは2年生ということで、業界もそれに合わせたパンフをつくるべきと思います。
2014/06/24
 我家の犬、弱くても「ツヨシ」。去勢したオカマ犬なのに小用は片足をあげてする。雄は去勢すると片足をあげなくなると聞かされていたのだが・・・。だからトイレにいっても片足をあげるため的が外れる。トイレの外にまき散らしてしまう。それを見とがめた大御所様、トイレの向きを変えろと厳しいご指導。向きを変えても一緒のような気がするが、ツヨシくんはどう思うのだろう。様子を見てみたいと思います。
2014/06/23
 初めて白髪染めを使ってみました。部分白髪ですが。感激です!。白いゲルと白いゲルを混ぜて白髪につけると黒くなるなんてまるでマジックのよう。初めてだったので気軽に素手でやったら大失敗。手まで黒くなってしまいました・・。これにはあわてました。そういえば大御所様はしっかり防護して染めていたことを思い出しました。次回は心して染めなければと思います。白髪染めよりも植毛の方が必要じゃないかという声も聞こえてきますが・・・。
2014/06/21
 次回の小学生みそつくり体験では、ビニールを介してではなく、手で直接こねたらどうかと提案した。その方が素材の状況を直接感じることができると思ったから。でも今の子供たちは過敏症が多く、皮膚に炎症でも起きたらたいへんと却下。うーん、今の子供たちは小さい頃から大事に育てられすぎてちょっとした刺激にも敏感になってしまっているよう。それが病的になるとアトピーやら何とかアレルギーに。最悪の場合には生死に関わることになる。日本人の身体、体質はこれからどうなるんだろう。
2014/06/19
 小学校でのみそ造り体験学習。二年生はとてもかわいいです。昨年に引き続きですが今回60名中、朝味噌汁を飲んできた児童は20数名でした。これは昨年の0名に比べれば進歩ですね。地域柄もあるのかもしれませんが、そんなところなんでしょうか。それにしても二年生はたいへんですね。前日悪ふざけをしてガラスを割ってしまったとか。調教する先生の苦労がわかります。
2014/06/16
 父の日は小布施「栗花市」さーけんせってみね会では山から採りたてタケノコ汁。サッカーの日本戦と重なったのでお客様が出てくるのはお昼頃と想定したら、サッカーよりタケノコ汁という方もいらっしゃって、お待たせしてしまいました。うれしかったのは「昨年も来たけど一番良かったのは美味しい味噌を使ったタケノコ汁」とおっしゃっていただいたお客様。ドバイからの外国人と、衆議院議員も見えていただきました。来年はもう少し早めに準備をした方がいいかも。
2014/06/10
 大豚女、アルバイトで作業していると、ベテランのおばちゃんからいろいろ口うるさく指図やら叱責やらいただくという。本人は全然平気で聞き流すが、一緒に働いていた子は耐えられず泣き出してしまったという。たぶん核家族で育ち、年寄りの小言にさらされていなかったんだろう。その点我が家は日常的にお小言満開の世界。誰しもが辟易しながらしっかりと免疫はできている。さらに決して引きこもりにはならないだろう。引きこもりには年寄りが必要だと思う。
2014/06/09
 ガラに似合わずオペラの夕べとバラ庭コンサート。それはそれはフレッシュで素敵でかわいいソプラノに魅了されました。人の声とは思えない超絶技巧に酔いしれました。欲を言えばやはり何を唄っているか、その意味を同時に字幕のように見ることができればよかったですね。でも見ているだけで満足です。
2014/05/30
 いろいろありまして〜。組合の総会で中国情勢を聞きました。中国で商売するのは日本人にとって至難の業だそうです。でも高級品にとっては魅力的な市場らしいのですが、味噌はほとんど貧乏品扱い・・。それに商標登録をキチンとしておかないと、先に登録されてしまうというのです。有名メーカーの商標はすでにとってしまわれているとか。劇団四季が中国で成功したら、すぐに「劇団一季」「劇団二季」「劇団三季」ともに中国人が登録してしまうという。いずれ中国から日本にきたときに日本のメーカーは従来の商標で販売できなくなる可能性もあるとか。怖い怖い・・。
2014/05/13
 飯田市の中学校から2年生が修学旅行にきました。なんでも小布施のまちづくりを体験学習するのだそうです。弊社にも1グループが来ました。みんなかわいいですね。おまけにかわいい先生までついてきました。味噌の話を中心に「食」に対する見方を話させていただきました。玄米と白米とでどちらから芽が出るか。から普段自分たちが食べているものがどんな風につくられ、手元にくるのかその過程をしっかり意識して学んで欲しいと要望しました。いい学習になってくれたら幸いです。

2014/05/07
 樹木医の先生が松を見に来ました。小布施で一番最初に手がけた松なので気になるそうです。ついでに新生病院には「御衣黄」という緑色の花を咲かせる桜がありますが、それにくれる堆肥を教えていただきました。びっくりは同じ牛糞の堆肥でも乳牛の糞と肉牛の糞とでは違うそうなんですね。なんと桜には肉牛の糞がいいそうです。ふーん・・ですね。しかもそれを売っているのはこの辺では中野の一店舗しかないという。こんど行ったら買ってみようかと思います。

2014/05/06
 先生が、「痛風にはどうもコーヒーがいいそうだよ。」といってわざわざコーヒー豆とコーヒーメーカーを持ってきていただきました。英文のコーヒーと尿酸値の関係研究論文と一緒に。なんでも一日コーヒーを6杯以上飲むと有意に尿酸値が下がるというのですね。うーん、今のQ平はやむなく薬を飲んでいますが、薬の替わりにコーヒー6杯という手もあるのかと・・。Q平どちらかといえば日本茶派でコーヒー党ではなかったんですが・・。これを機に積極的に飲んでみますか。
2014/05/04
 五月晴れの良い天気。ゴールデンウィーク真っ盛りです。おかげさまでたくさんのお客様にお出かけいただきましてありがとうございます。今まで色の赤すぎる三年味噌は敬遠されるとばかり思い店頭には出さずにいました。ところが今回思い切って店頭に出し、試食をしていただいたところ、これがまたよく売れるんですね。不思議なものです。安くしているせいもあるかもしれません。お客様の中には三年味噌だからもっと高くてもいいんじゃないかとおっしゃる方もいらっしゃるんですが・・・。なかなか難しいものです。
2014/04/30
 いつの間にか4月も晦日。連休真っ盛りですね。27日は忙中閑ありで姫川源流に行きました。源流というから相当山の中かと思いきや、スキー場のすぐ近くで簡単に行けるところでした。例によって小布施の植物学者清水先生の自然観察会。今回はザゼンソウを目的に行きました。でもザゼンソウって水芭蕉に比べればなんとなく悪役っぽいんですよね。そう感じるのはQ平だけでしょうか。

2014/04/16
 肉を扱っている知人から電話。「味噌を入れた水の中に肉を浸けておいたら、くすんだ色がピンク色になり香りも良くなっている」というのだ。最初味噌中の酵素の働きかと思ったんだが、つけ置きの温度は0度だというので酵素が働く温度帯ではないような気がする。彼曰く、「何か味噌の中に特別な成分が入っているのではないか、これを細胞活性化現象として『ミソップ細胞』と名付けよう!共同研究して論文を書き記者会見で発表しよう!」と言うのだが・・・。おもしろい知人もいるものだ。どちらかと言えば痴人の部類かも。

2014/04/14
 よくブログとかフェイスブックで自分が食べようとしている料理を載せている。でもその店のシェフにとっては迷惑なこともあるらしい。一つには感動は初めて実物に接したときに味わってほしい、ある程度予備知識を持ってきてほしくない。ということと、二つ目には料理のデザイン、工夫が同業者に知られ。まねされてしまう危険性もある。からだという。うーん、そうですね、やっぱ料理の感動はその店のしつらえ、雰囲気、もてなし、店員の振る舞い等の空間の中に身を置き初めて経験できる、というかすべきことですね。

2014/04/12
 久しぶりに「お父さんの読み聞かせ」。まちとしょテラソ活動の一環で美人奥様から頼まれました。頼まれると嫌と言えないQ平、いそいそと出かけて行きました。Q平の読み聞かせはデジタル絵本でやります。プロジェクターで絵本を映し、お話しします。小さな絵も大画面で投影すると結構迫力ありますので子供には喜んでいただけると思います。でも今日はPR不足か、天気がいいので外の方がよかったのかギャラリーが少なく寂しかったです。
2014/04/06
 昔懐かしい仏閣型の長野駅が完成しました。ミニチュア模型の世界ですが。これは中野に住む知人の藤井さんが2年半の歳月を経て手づくりされたものです。その精巧な出来に感嘆!。もう40年も前になるんでしょうか、上京するために厳寒のホームに一人佇み、あまりの寒さに凍えそうになったことを思いだされます。そんな一人一人の物語が小さな世界に凝縮されているようで胸キュンとなりますね。
2014/04/05
 いよいよ春、とはいえ朝方は雪がちらほら。まだまだ股引ははなせません。LEDメーカーに励ましのメールを送ったら、返事が返ってきました。でも言い訳ばかりでなんとなくしっくりいきません。消費者の立場としては安くて長持ちするものがいいんであって、高くても長持ちしないとわかればもう買いません。そこんとこわかっていらっしゃるのか・・わかりません。
2014/03/27
 LED電球は10年もつという。試しに平成23年7月に日本メーカーの中国製と中国メーカー製を購入し同条件で使ってみた。ちなみに日本メーカー製は4250円。中国メーカー製は980円。どれだけ差が出るだろうかと実験してみた。ところが二年半たった先日衝撃的なことが・・・。なんと日本メーカー製がまばたきを始めたのだ。中国で作られたものだと言っても日本メーカー製ならば、それなりの信頼性があると思ったら大間違い。だったらあの価格差はなんなんだろうと・・・。Q平スマホも日本メーカー製にこだわっているのだが、どうも初期から調子が悪い。日本メーカーの技術力はいったいどこにいったのだろう。それでも国産にこだわりたい。味噌の原材料も同じ。です。

2014/03/26
 昨日は「なんじゃもんじょの会」。古文書の解読学習会です。若い女性講師に濃いおじさんたちが学びます。昨日は人別帳のお話でした。人別帳に記載の無いものは、「無宿者」または「欠落(かけおち)」というのだそうな。うーん、いわゆる「駆け落ち」は結果的に当時の人別帳から落ちて「欠け落ち」となってしまうところからきたのかなぁと思い質問をしましたら、そうかもしれないということでした。二人だったら「欠落」、一人だったら「無宿者」?どなたかご教示いただけたらと思います。

2014/03/24
 和楽の会総会。観光協会理事会とも重なりましたが、小さくても役員をやっている方が優先になります。和楽の会で介護施設への慰問で思ったのは、年配の方はやはり昔の懐かしい曲を求めているのかなぁということです。オリジナルな現代の曲もいいけど、なかに何曲か昔の流行曲を入れてあげればきっと喜んでいただけるんじゃないかと思います。そんなことを提案させていただきました。

2014/03/21
 春だというのにまた雪。スキーができるから山には降ってほしいけど・・・。
  お客様用のトイレ排水が悪いので見ると尿石がびっしりついていました。Q平何年か前に「トイレ掃除に学ぶ会」で修行したことがあります。トイレを磨けば心も磨かれるというのですね。ワイヤブラシで尿石取りに挑みました。一生懸命やったつもりなんですが、ちょっと汚れが残ってしまいました。やはり、磨く人間に似るのでしょうね。汚れ多きQ平です。

2014/03/14
 秋田から一人旅をしてきた素敵な女性に会いました。なんでも秋田の銭川温泉から見えたという。本当にひなびた山奥の湯治温泉で一件しかない宿を女性親子三代で守っているのだそうな。その若い女将が東京での勤めをやめ、実家の温泉宿に入り1年。お客様に楽しんでもらうためにどうしたらいいか勉強のための全国行脚という。若い人が頑張っている秋田の秘湯。是非とも応援したいですね。Q平若い美人には弱いです。
2014/03/06
 昨日は味噌技術講習会。「植物性乳酸菌の秘められたパワー」ということで、カゴメの主席研究員矢嶋氏の講演。 「乳酸菌」というとヨーグルトに代表されるような動物性乳に含まれるものを連想しがちだが、実は日本人は伝統的に植物性発酵食品を摂取してきた、味噌、醤油、酢、日本酒、漬け物、納豆等それらがないと日本の食卓も成立しないものであった。その植物性乳酸菌は人の腸内細菌の環境を整え、免疫、消化、呼吸機能に大きく寄与するというのだ。それを最先端の研究成果を学術的にご説明いただきました。Q平にはちょっと難しかったけど、「伝統的発酵食品」=「乳酸菌」=腸内フローラの改善=健康という筋道が科学的に解明されつつあります。
2014/03/02
 大雪のなごりもまだそこここに。大分温かくはなりましたが。もう弥生ですもんね。小布施春の演劇フェスに行ってきました。なかなか若い人のパフォーマンスは活力があって面白いです。でもなんとなく「あー、面白かった!」で終わってしまうのと、終わった後なんか心に残るモノがある。ってのとありますね。映画でもそうですが。以前やっていた、「ぼっこの会」の民話の世界が懐かしいです。
2014/02/24
 商工会の旅行で伊勢神宮に行ってきました。先週大雪で来られなかった人もいらっしゃったんでしょうか、遷宮ということもありものすごい人でした。当家は小布施伊勢町に住み、目の前に皇大神社があり、ご先祖様はけっこう深く関わっていたようです。なのに一度も本家伊勢神宮にお参りをしたことがないというのはよくないと思い、いい機会だからと参加しました。でも残念ながら時間がなく、内宮のみの参拝になりました。本来は外宮からお参りすべきとのことです。とにかく商工会の旅行は盛りだくさんです。
2014/02/17
 土曜日より近年まれにみる大雪。一月があまりにも少雪で暖かく、これで今年の冬は終わり?っと思っていただけにビックリ。毎日一日中雪かきに追われました。おかげで風邪はこじらせるし・・・。各地で交通機関がマヒし、県外発送荷物を送り出すことができません。こんなことは初めてですね。屋根の雪下ろしもしなければならなくなるのかと心配。15日は小学校の同級会も遠方より来るものはみんなキャンセル。地元の少人数で楽しいひとときでした。
2014/02/12
 食品フェア2014に行ってきました。東京ビッグサイト。うちがOEMで造っている味噌を出品してくださると云うので、表敬訪問を兼ねながら勉強のためにも行ってきました。ところがとてもとても広すぎて目的のところに行き着けませんでした。迎えに来ていただいたくらい。本当に全国からそれぞれの地方特産品をさまざまな方法で加工し、商品化していることにびっくりです。その商品アイテムのバリエーションが多様にあり、またパッケージデザインが優れていました。比較して反省させられます。一通り試食していくとお腹が一杯になります。すてきなコンパニオンのお姉さんに勧められるとつい手が出てしまって・・・。
2014/02/06
 組合臨時総会。今年の特別講師はフランスのフリージャーナリスト、シルビー・ジャコさん。興味深く拝聴しました。フランス人は毎日フランス料理を食べていると思っていたらどうもそうではないらしいですね。またフランスでは日本のように山菜を食べる習慣はないように聞きました。いずれにしろ「食育の大事さ」をとき、ご自身は「一番だし、二番だし」を使っているという。今の日本人で一番だしを知っている人がどれだけいるんだろう・・・。うちは「本だし」ですと恥ずかしくて言えませんでした。極めつけは宴会、「北信流」をやれというリクエスト。まあなんといいましょうか、日本人以上に日本文化に詳しいようで・・・。
2014/02/02
 思わず如月。先日長寿企業へのアンケート分析結果が届きました。なんでも何百年と続いている企業にその秘訣を探るという意図らしい。弊社も230年という歴史があるので質問に答えました。331社からの回答を得て、その結果報告です。何でも、現経営者は他業種での経験を積んでいることが多く、一族で承継するが腕のいい番頭さんがしっかりしている。後継者は事前に確定している傾向があり、経営者は経営理念を重視し、成長より存続を重んじている傾向にあるという。うーん、我が社の後継者は何処・・・。醸造に情熱を持った若者を求めようと思います。

2014/01/31
 安市の時の風邪が未だに抜けない。どうも気管支に残り咳が出る。インフルではないようだが・・。気分一新で理髪屋さんに。午後は歯医者さん。歯医者さんはお気に入りの若い女医さん。手鏡を渡されて自分の歯を見る。びっくりは歯ではなく、なんと鼻毛が・・・。せっかく理髪店に行ったのに鼻毛の処理を・・・。すてきな女医さんの前で恥ずかしい〜〜。でも鏡は拡大鏡で大きくうつっていたようだから、自分で気にするほどではないかと・・・。帰ってきてすぐに鼻毛カッターを。すでに遅いのだが・・。

2014/01/24
 まだ恋煩い・・。先日の新聞に「どっこいしょ」の語源が出ていました。なんでも「六根清浄(ろっこんしょうじょう)が語源となっている。六根は仏教語で感覚や意識の6つの器官、眼・耳・鼻・舌・身・意のこと。 六根を清浄にして修行に臨むという意味が込められている」とのこと。以前ネパールからお嫁に来たかわいい女性に、どっこいしょは「美味しかった」という意味だよと教えたことがあった。もちろん悪ふざけで。後で怒られたのだが、語源がそうであれば、美味しいモノを食べた後も六根が浄化されるので、そう考えるとあながちウソでも・・・・。また怒られそう・・・。
2014/01/17
 伝統的小布施安市は風の中に終わりました。いや身体の中に風邪が通り過ぎていった様で寝たきりの寂しいお祭りでした。そう周りも例年はたくさんのお店が出るのですが、肝心の隣のスーパーさんが店じまいをしてしまったために気持ちも寂しくなります。どなたかはウチでそこを買えばいいじゃないかとご助言をいただくのですが・・・。パソコンを購入するというような訳にはいきません。もっと素晴らしい方に出てきていただければいいと思うのですが・・・。

2014/01/03
 新年明けましておめでとうございます。宝くじは当たりませんでしたが、それ以上のお年玉は「リアル美味しんぼ」に「穀平みそ」が使用されたとの新聞記事。東京の方からも電話がありました。テレビを見たら対決の結果は引き分け。でも朝日と読売とでこの企画に対する姿勢というかコンセプトの違いが分かれました。シンプルに素材の味を活かす朝日と、素材の味を引き出すために手を凝らす読売。どちらが優れているかとは一概に言えません。面白く考えさせられたのは一般人と食通と言われるタレントとの評価の違い。そもそもは「高級素材ではなく容易に手に入る食材で家庭でも作れる」ということだったことを考慮に入れれば・・・。